【受賞】 精神神経科学 嶋田貴充助教がJSNP2016 Excellent Presentation Awardを受賞しました

 2016年7月2日(金)~3日(土)に韓国ソウル・COEXにて開催された第46回日本神経精神薬理学会年会において、JSNP2016 Excellent Presentation Awardを受賞しました。今回、「The Five-Factor Model personality traits in schizophrenia: A meta-analysis」について発表しました。本研究ではこれまでの統合失調症のNEO Five-Factor Inventory(NEO-FFI)研究のシステマティックレビューを行い、先行研究から統合失調症患者と健常者のNEOデータを抽出し、これらのパーソナリティ傾向のメタアナリシスを行いました。メタアナリシスでは、統合失調症患者では健常者と比較し、有意にNeuroticismが高く、Extraversion、Openness、Agreeableness、Conscientiousnessが低いことを見出しました。本研究の結果から、統合失調症患者は健常者と比較して異なるパーソナリティプロファイルを持つことが分かりました。


新着一覧へ