【採択】病理学Ⅰ・平田英周講師/内藤記念科学振興財団 内藤記念特定研究助成金

研究課題名「脳転移がん細胞の休眠維持・破綻機構の解明」

 本研究では脳組織特異的に休眠状態を呈するがん脳転移マウスモデルを作成し、休眠がん細胞を選択的に抽出してトランスクリプトーム解析を行うことで、休眠の維持と離脱に関わると考えられるシグナル経路を網羅的に検索する。また組織透明化法と3 次元免疫染色法を用いることにより、がん細胞の休眠と離脱に関与すると考えられる微小環境構成因子を明らかにする。これらの知見を基に、二光子励起蛍光顕微鏡を用いた生体内FRET イメージングにより、脳組織における休眠がん細胞の挙動を1細胞レベルで経時的に追跡し、集団内から選ばれたがん細胞が周囲微小環境とどのような相互作用を通じて休眠を維持し、何を契機に再増殖を開始するのかを明らかにする。さらに、このがん細胞の休眠維持と離脱を生体外で再構成することで、休眠維持・離脱の鍵となる細胞間相互作用・分子・システムを同定する。最終的には、これらを標的とすることでがんの再発を予防する画期的な治療法を開発することを本研究の最終目標とする。
公益財団法人内藤記念科学振興財団


新着一覧へ