【論文発表】内分泌・代謝科/髙垣雄太医員らの論文「Dipeptidyl peptidase-4 inhibition and renoprotection: the role of antifibrotic effects (Dipeptidyl peptidase-4阻害と腎保護作用:線維化抑制 における役割)」がCurrent opinion in nephrology and hypertension誌に掲載されました

 腎の線維化は慢性腎不全に共通の病理組織学的変化であり、抗線維化療法は末期腎不全への進展を抑制するための重要なターゲットとなります。Dipeptidyl peptidase-4 (DPP-4)と腎疾患の関連に関しては多くの基礎実験・前臨床試験・臨床試験の報告があり、我々は障害を受けた血管内皮細胞が間葉系細胞に変化し、この変化に血管内皮細胞におけるDPP-4過剰発現が関与していることを報告しています。本総説では、我々の研究結果のみならず、DPP-4阻害と腎保護作用に関する現在までの報告をまとめ、論じています。
Current opinion in nephrology and hypertension



新着一覧へ