金沢医科大学概要2016/2017 第2版
14/84

12SCHOOL OF MEDICINE■ 準備教育と臨床実習前医学教育 医学の専門教育を始めるにあたって、低学年では、基礎科学としての生物学・物理学・化学など基本知識の確認をしながら、医学教育の入門に必要な準備教育が行われる。また、医学は、Medical Science と呼ばれるように、巨大な応用科学の積み上げにより築かれている。その内容は、解剖学・生理学・生化学などの基礎医学科目、病理学・薬理学・微生物学・医動物学・免疫学などの臨床基礎医学科目、また衛生学・公衆衛生学・法医学といった人間社会を対象とする重要な局面をもつ社会医学科目、そして臨床医学の多くの各専門領域の科目などに細分化される。 講座間の縦割りの壁とその閉鎖性のため科目相互間の有機的連携が不十分であったことから、医学教育モデル・コア・カリキュラムを基盤とした統合カリキュラムは、その弊害をなくする目的で導入された。これによって学習者は科目間の横の関係を把握しつつ学習を進めることが可能となっているが、ここでは教員側の科目間の連携が重要であり、その良否は結果を大きく左右するので、教員のFaculty Development(FD)を定期的に開催し、教育効果の向上に努めている。■ 「共用試験」: スチューデント・ドクターへの資格試験 医学部学士課程の第5・第6学年は臨床実習のための2年間であり「診療参加型臨床実習(CCS , Clinical Clerkship)」やアドバンストOSCEを通して医師としての基盤を形成する。この時期に医学生が患者に対して医行為を行うことについては、避けて通れない大きな課題として検討されてきた。その結果、モデル・コア・カリキュラムの到達目標(前頁表)に準拠した全国共通の「共用試験」を実施し、その結果が一定のレベルに達しているかを評価して第5学年への進級の可否を決定することとなり、2006年から全国的に実施することになった。 「共用試験」では、知識の総合的理解度を評価するためにコンピュータを用いて問題の難易度を一定にコントロールした客観試験CBT(Computer Based Testing)と、態度・基本的臨床技能を評価する客観的臨床能力試験OSCE(Objective Structured Clinical Examination、オスキー)が行われる。第5・第6学年に進級して診療参加型臨床実習を行うことの可否を検討する重要な資料として用いられ、合格者には全国医学部長病院長会議からスチューデント・ドクター認定証が交付され、指導者の立会いのもとに医行為を許可されることになる。CBTとOSCEはわが国では国家試験としてまだ制度化されてはいないが、実質的には「前・国家試験」の役割を担うものとする含みがある。■ 医師としての人間形成と人格の陶冶、プロフェッショナリズムの形成 医師には、専門の知識と技術とともに、総合的な思考力と良識にもとづく適正な判断力をもった人格と素養の形成が求められる。 医学教育モデル・コア・カリキュラムでは、「医の原則」(医の倫理・生命倫理、患者の権利、医師の義務と裁量権、インフォームド・コンセント)、「安全確保と危機管理」、「コミュニケーションとチーム医療」、「論理的思考」(課題探求・解決、生涯学習能力の養成、医療の評価)というような領域での確固とした思考力、判断力を身に付けつつ、「臨床における診療の基本の理解」、「診療知識および技能の体得」、そして「診断、治療へのプロセス」を学んでいく。これらは、医学教育の現場のみでなく、学生の社会生活全般においても重要であり、さらなる向上に努めるべきものである。 本学では、医学部・看護学部ともに、豊かな人間性を養う目的で「一般教育機構」が設置され、語学・人文科学・自然科学などの分野の教員が授業の企画、教育計画の実施を担当している。医学部・看護学部ともに学生が学ぶべき専門分野の情報量は増大しているが、「人間性を育む教育」の重要性も増している。病める人から信頼される姿勢が大切であり、カリキュラムの適所に教養教育の真髄を盛り込む努力がなされている。Common Achievement Tests Prior to Clinical Clerkship (CCS) as a Student DoctorUpon completion of year 4, students are eligible to take the nationwide Common Achievement Tests, composed of CBT (Computer-based Testing) and OSCE (Objective Structured Clinical Examination). Only students who pass the assessment and meet the requirements are permitted to progress to year 5 and participate in the Clinical Clerkship course.During the CCS, students are assigned to different departments and work as student doctors in medical teams, participating in inpatient and outpatient clinical treatmentCharacter Formation, Cultivation of Personality and Development of Medical ProfessionalismCharacter formation and cultivation of personality, as well as systematic medical skills training, development of comprehensive thinking skills and appropriate judgment skills, are extremely important in developing well rounded, good doctors. Our curriculum is designed to help students do this, and to acquire accurate clinical skills in addition to the necessary basic medical science and clinical knowledge. The practical learning of these skills involves: general education including natural sciences, humanities, medical ethics and languages; clinical training using multimedia and simulators at the Clinical Simulation Center; training of clinical interview techniques using simulated patients and role playing; practical bedside experience (CCS). All of these lead toward the development of medical professionalism.

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る