金沢医科大学概要2016/2017 第2版
27/84

25GRADUATE SCHOOLテレビ会議システムを利用したがんプロキャンサーボード症例検討会■ 専門医養成系 大学院医学研究科では、文部科学省選定プロジェクトにより、がんおよび認知症医療を担う「専門医養成コース」と「インテンシブ医師コース」を設置している。専門医養成コースは大学院生を対象としており、修得した単位は医学研究科の修了単位として認定される。インテンシブ医師コースは地域医療機関においてがんおよび認知症医療に携わる医師を対象としている。 各コースの履修生は、プロジェクトに参加する大学、大学病院および医療機関の教員および医療従事者が制作したビデオ教材(e-Learning)や、テレビ会議システムを利用した症例検討会等を受講することにより、最新の診断・治療等を学ぶことが可能となる。北陸がんプロフェッショナルがん専門医養成系 文部科学省「がんプロフェッショナル基盤推進プラン」により、2012年度選定された「北陸高度がんプロチーム養成基盤形成プラン(北陸がんプロ)」は、本学、金沢大学、富山大学、福井大学、石川県立看護大学の北陸地区5大学に加え、北陸3県全てのがん診療連携拠点病院等が連携するプロジェクトであり、「がん患者の視点」に立った「視野の広い、且つ高い品格」のある「がん医療」を担う専門医を養成することを目的としている。 【開講科目】 (必修)腫瘍薬物学特論、腫瘍放射線医学特論、がん緩和医療学特論、腫瘍病理学特論、臨床腫瘍学特論、がん外科学特論、腫瘍薬物学演習、腫瘍放射線医学演習、がん緩和医療学演習、腫瘍病理学演習、臨床腫瘍学演習、がん外科学演習 (選択)分子腫瘍学特論、臨床統計学特論、臨床栄養学特論、臨床統計学演習、分子生物学入門北陸認知症プロフェッショナル医養成系 文部科学省「課題解決型高度医療人材養成プログラム(医師養成プログラム)」により、2014年度選定された北陸認知症プロフェッショナル医養成プラン(認プロ)」は、本学、金沢大学、富山大学、福井大学の北陸地区4大学と関連する医療機関等が英知・総力を結集して行うプロジェクトであり、がんと並ぶ屈指のcommon diseaseである認知症に関して高度の知識や技能を有し、地域における認知症診療・認知症対策のリーダーとなる認知症プロフェッショナル医師を養成することを目的としている。 【開講科目】 認知症基礎、認知症症候学、認知症検査・診断学、認知症治療・予防学、認知症ケア・リハビリ・地域支援・倫理、 認知症各論Ⅰ、 認知症各論Ⅱ、認知症特論、研究倫理、認知症診断・治療学演習Ⅰ、認知症診断・治療学演習Ⅱ、認知症診断・治療学演習Ⅲ、 認知症診断・治療学演習Ⅳ、地域認知症疫学・予防・ケア実習、認知症・神経難病の臨床病理実習生体機能形態医学分野 Biodynamics八田 稔久坂田ひろみ島田 ひろき本間  智岩脇 隆夫宮越  稔清川 悦子上田 善道佐藤 勝明甲野 裕之野島 孝之湊   宏利波 久雄渡邉 直人的場 宗孝有沢 富康堤  幹宏小坂 健夫木南 伸一川原 範夫兼氏  歩川上 重彦島田 賢一瀬上 夏樹松本 剛一三輪 高喜辻  裕之志賀 英明佐々木 洋久保 江理小島 正美福田 正道元雄 良治安本 和生生体制御医学分野 Biocontrol岩淵 邦芳米倉 秀人池田 崇之石橋 隆治加藤 伸郎芝本 利重倉田 康孝谷田  守梶波 康二河合 康幸正木 康史岡崎 俊朗福島 俊洋栂  博久長内 和弘水野 史朗浦本 秀隆薄田 勝男四方 裕夫松井  真飯塚 秀明立花  修横山  仁宮澤 克人古家 大祐中川  淳土田 英昭和藤 幸弘健康生態医学分野 Health Ecology石﨑 昌夫櫻井  勝西野 善一西条 旨子森河 裕子樋口 雅也石垣 靖人東海林博樹太田 隆英望月  隆西部 明子笹川 寿之犀川  太中村 常之竹内 正義河野 美幸森本 茂人岩井 邦充中橋  毅笠巻 祐二伊藤  透小林 淳二山川 淳一川﨑 康弘上原  隆水上  創堀  有行飯沼 由嗣大学院医学研究科(生命医科学)担当教員 (2016.9)Graduate School of Medical Science FacultyPostgraduate Academic Activities in Medicine

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る