金沢医科大学概要2016/2017 第2版
38/84

ANATOMY CENTER36アナトミーセンターAnatomy CenterAnatomy CenterThis three-story building with an all glass entrance has a total area of approximately 1800m2. Forensic medicine is on the first floor, an anatomy display room is on the second floor, and a regular anatomy laboratory is on the third floor. Safety is maintained at all times in the student laboratory on the third floor, and it incorporates the latest audio-visual devices, providing an optimal learning environment. 医学を志して最初に学ぶのが解剖学であり、また終生深い関わりを持つことにもなる。 2011年2月に竣工したアナトミーセンターは、3階建総床面積約1800㎡、正面はガラス張りで清新な外観の建物。1階は主に法医学、2階は解剖に関する展示室、処置室、研究室、3階は系統解剖学の実習室となっている。 建物正面壁にはレオナルド・ダ・ヴィンチ「ヴィトルヴィウス的人体」が描かれている。また、1階のホール壁面にはレンブラント「チュルプ教授の解剖学講義」、3階実習室のラウンジには前田青邨画「腑分」の本学美術部学生による模写が架けられており(53頁参照)、ここが学生参加の教育の場であることを印象づけられる。 3階の学生実習室内環境ホルムアルデヒド濃度は法定上限値の0.1ppmを完全に下回っており、最新のAV機器を備え、機能的には最高の勉学環境である。また、窓越しの北西に日本海、南東に河北潟を臨む解剖実習室の立地は他に類例を見ない高質のアメニティを提供している。1階学生入口ホールの壁画「チュルプ教授の解剖学講義」(模写)人体解剖実習室(3F)特色ある学習環境

元のページ  ../index.html#38

このブックを見る