金沢医科大学概要2016/2017 第2版
48/84

46ACADEMIC ACTIVITIES産学官の連携 金沢医科大学は2010年4月に「学校法人金沢医科大学産学官連携ポリシー」を定め、産学官連携体制の整備、研究成果の社会還元、共同研究および受託研究の推進、人材育成ならびに地域振興に努めている。また、産学官連携の健全な発展を図るため、「学校法人金沢医科大学利益相反マネジメントポリシー」を制定し、社会から利益相反に関する疑念を持たれることのないよう、大学として社会への説明責任を果たしながら産学官連携活動を推進している。■ 研究推進センター 産学官連携等に係る外部機関との連絡調整、契約実務及び利益相反マネジメント、職務発明等に係る知的財産管理ならびに外部資金に関する情報収集・分析および資金管理の各業務を円滑に実施し、学校法人金沢医科大学産学官連携ポリシーを実現するための組織として2008年4月から「研究推進センター」が設置されている。近年、本学の研究成果に基づく新たな産学連携のマッチングを図るため、展示会や商談会等に積極的に参加している。■ 産学官連携に関するセミナー等の開催 研究成果を社会に実装するために重要となる知的財産、医工連携および臨床研究等をテーマとするセミナー等を定期的に開催している。Industry-Academia-Government Cooperation Kanazawa Medical University established an Industry-Government-Academia Collaboration Policy in 2010 and is moving forward with linkages between industry, academia, and government, with the aim of contributing to clinical and related healthcare services both in the local community and on the international stage. We also enacted a Conflict of Interest Management Policy in order to ensure accountability to society while committing to collaboration between industry, academia, and government.■ 大学発ベンチャー 金沢医科大学での研究成果に基づき下記の会社が起業している。○株式会社エムシープロット・バイオテクノロジー 設立年月:2006年8月○FDD-MB株式会社 設立年月:2010年2月○株式会社ギンレイラボ 設立年月:2015年11月2006年3月大学における知的財産管理体制構築支援セミナー「個別大学セミナー;今なぜ知的財産か」2006年6月産学官連携支援セミナー「産学官連携体制の構築方法について」2006年11月大和総研・産学連携セミナー「産学連携の概要と代表事例」2007年12月知的財産セミナー「医学研究から生まれる特許」2008年12月知的財産セミナー「医療補助品等にかかわる特許創出について」、「研究者に求められる知財戦略」2009年12月知的財産セミナー「浜松医科大学における知財・産学連携の取組について」、「産学官連携活動と知財」2010年11月産学連携セミナー「成果有体物とMTA」2006年12月知的財産セミナー「特許獲得は、研究にプラスかマイナスか?」2011年5月産学連携セミナー(第1回医学研究セミナー)「出会いと連鎖が生む技術の進歩」2006年7月産学連携セミナー(第13回医学研究セミナー)「産学連携の現状と今後の課題について」2006年9月医工連携セミナー「研究シーズ・ニーズの事例紹介」2006年12月産学連携・知財セミナー「知的財産を巡る社会の動向と特許制度」2012年3月医工連携セミナー&研究成果報告会「磁気計測技術の医学への応用」、「研究成果報告」2012年11月産学連携セミナー「名古屋大学における先端医療開発と中部先端医療開発円環コンソーシアム」2013年2月産学連携・知財セミナー「MTAとの付き合い方・使い方」2014年3月医工連携フォーラム「医療機器の研究開発と薬事規制・実用化施策について」、「研究成果報告」2015年2月医工連携フォーラム「肝細胞癌に対する先端医療の最前線」、「研究成果報告会」2006年3月橋渡し研究推進シンポジウムin 内灘2015「重症心不全患者に対する治療戦略、新規治療の課題と展望−心臓サポートネットと再生医療−」橋渡し研究推進シンポジウムin 名古屋2015「重症心不全に対する新たな治療−日本初の治療機器開発に向けて−」2016年2月医工連携フォーラム「Physical MedicineとChemical Medicineの融合による新たな医療」、「研究プロジェクト紹介」医工連携フォーラム

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る