金沢医科大学概要2016/2017 第2版
58/84

56INTERNATIONAL EXCHANGE■ 学術交流 1982年、中国の医育機関へ初の訪問団派遣を実施した。1985年には、中国医科大学(瀋陽)、華中科技大学同済医学院(当時は同済医科大学、武漢)、中日友好病院(北京)と姉妹提携を締結し、医師や研究者の学術交流を開始した。以後、継続して共同研究プロジェクトを推進し、長期にわたる研究交流を行ってきた。さらに1983年には、インドネシアのヤルシイ医科大学と熱帯医学に関する共同研究協定を交わし、医師・研究者の学術交流を展開した。最近では、2008年にベトナム軍医大学(ハノイ)、2009年にドイツのマクデブルク大学およびロシアのヤロスラブリ医科大学と学術交流協定を締結し、交流を拡大している。■ 教育交流 米国マーサ大学医学部(ジョージア州・1998年)、ハワイ大学医学部(2005年)、バーモント大学医学部(2006年)、ドイツのマクデブルク大学(2010年)と協定を締結し、医学部学生の臨床研修を目的とした交換留学を行っている。派遣プログラムは全て単位認定されている。これらの大学は、地域に根ざした医療を行う医師の育成など、本学と一致する教育理念を持っている。他に、ソノマ州立大学(カリフォルニア州・2009年)およびオークランド大学(ニュージーランド・2014年)における医学部・看護学部学生の夏期語学研修プログラムが展開されている。いずれのプログラムも参加学生は本学の海外医学教育基金からの支援が得られる。さらに2013年より、華中科技大学同済医学院看護学生が本学看護学部において実習を行っている。海外からの留学生が本学学生と共に臨床実習を行うなど、学生同士が交流し、国際感覚を学べる環境を提供している。■ 留学生・研究員の受入れ 1979年以来、約400名の外国人留学生や研究員を、短期間の研修から大学院博士課程まで幅広く受入れている。帰国後は、多くの学位取得者が母国で要職につき、本学との共同研究や優秀な学生獲得を目的としたネットワークの構築に重要な役割を果たしている。■ 厚生労働省外国医師等のための臨床修練制度 厚生労働省の外国医師臨床修練制度の臨床修練指定病院として、指導医の資格を持った本学の医師の指導のもと、外国人臨床修練医の受入れを行っている。■ 国際医療協力 開学以来、JICA(国際協力機構)の国際協力事業やJMTDR(国際緊急援助隊医療チーム)のメンバーとして海外に教職員を派遣している。対象地域は20カ国以上におよび、難民医療救済や医療救助活動に参加している。 1987年、JICAの要請により、本学麻酔科、放射線科、中央検査室などの医療チームが、パラグアイ共和国におけるアマンバイ地域医療センターの病院機能立ち上げのための技術支援プロジェクト推進活動を行い、パラグアイ共和国から感謝状を授与された。また、2004年には、JICA草の根技術協力事業「中日防盲治盲事業」が、3年間のプロジェクトとして本学眼科学チームにより実施された。 2009年、パラオ共和国保健省と医療協力に関する協定を締結し、国立ベラウ病院と近隣の島々の診療所から送信される患者のCT画像について、本学医師がアドバイスを行っている。国際交流の沿革Progress in International Exchange Academic ExchangeSince the first overseas visits to medical institutions in China in1982, KMU established relationships with China Medical University (Shengyan), Huazhong University of Science and Technology, Tongji Medical College (HUST-TMC) (Wuhan) and China-Japan Friendship Hospital (Beijing). Thereafter, KMU has expanded the international exchange programs by establishing relationships with Yarsi Medical College in Jakarta, Vietnam Military University (Hanoi), Magdeburg University in Germany and Yaroslavl State Medical University in Russia. Educational ExchangeKanazawa Medical University has affiliations with the Schools of Medicine at Mercer University (Georgia), the University of Hawaii and the University of Vermont in the U.S., and the University of Magdeburg in Germany for student exchange programs with the aim of providing clinical training for students. These clinical training programs grant credits. Also, since 2013, students from HUST-TMC in China have been participating in a nursing practicum at the School of Nursing. Additionally, summer language programs are held at Sonoma State University (California) in the U.S. and the University of Auckland in New Zealand. Accepting Overseas Students and ResearchersSince 1979, the university has accepted approximately 400 overseas students and researchers for purposes ranging from short term training to postgraduate Ph.D. courses.Advanced Clinical Training of Overseas Medical Practitioners (Ministry of Health, Labour and Welfare)Being designated as an authorized training hospital by the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare, we accept overseas advanced clinical trainees for instruction given by doctors certified as trainers.International CollaborationsSince its establishment, the university has been dispatching its medical/office staff overseas as members of international collaborative projects run by JICA and as members of JMTDR. Members of our university have been dispatched to over 20 countries throughout the world, and have taken part in providing support to refugees and in rescue activities.In 2009, we established an agreement on medical cooperation with the Ministry of Health, Republic of Palau. Under this agreement, the doctors at KMU have been providing advice on patient CT images sent from the Belau National Hospital and clinics on isolated islands.

元のページ  ../index.html#58

このブックを見る