金沢医科大学概要2016/2017 第2版
68/84

66NORTHERN NOTO INSTITUTE FOR COMMUNITY MEDICINENorthern Noto Institute for Community MedicineThe Northern Noto Institute for Community Medicine was set up in 2010 by KMU as a hub for clinical research and education and to provide comprehensive care for the local community. Its specialist medical programs are recognized by the Japan Primary Care Association.能登北部地域医療研究所Northern Noto Institute for Community Medicine所長 中橋 毅 金沢医科大学能登北部地域医療研究所は、2010年8月に公立穴水総合病院(石川県鳳珠郡穴水町)内に設置された。少子高齢化が進む日本に必要な地域医療の臨床・研究・教育の現場としての機能を担い、能登北部における金沢医科大学の地域貢献の拠点となっている。医学生や看護学生を対象とした体験型の実習プログラムや高学年への参加型の実践プログラムを提供することで医師の育成にも尽力している。 また、臨床研修医を対象とした「能登北部総合診療後期研修プログラム」は総合医の資質を持つ人材の育成に重点を置いた日本プライマリ・ケア連合学会専門医認定プログラム(Ver.2.0)として石川県で初めて認定され、これからの日本に求められる人材の育成に大きく貢献するものと期待される。研修期間は3年間である。 そのほか、多職種チームによる在宅医療研修会を開催するなど、地域の医療ニーズに対応するための先駆けとなる取り組みを行っている。■ 「総合診療専門医(プライマリ・ケアの専門医)」  を養成 高齢になると複数の疾患を持つようになるため、それぞれの疾患の専門医に受診することは非効率で的を得た医療を受けられない。呼吸器、循環器、糖尿病など複数の臓器系での疾患を同時に抱えていても、患者の社会的背景や家族背景を加味して、その患者を包括的に診る訓練を受け、患者を長期的に適切に管理し、疾患の発症や重症化、再発を抑えることができるような専門医によるケアが求められている。多様な健康問題・予防医療に対する包括的なアプローチは、慢性疾患や重症化に対して予防効果も持つことからも、地域で住民の健療管理に責任を持てる「プライマリ・ケアの専門医」の制度を確立する必要がある。このような日本の社会情勢を見据えて、本研究所では第19番目の専門医である「総合診療専門医」を育成するプロジェクトを展開している。<「総合診療専門医」として求められる医師像>訪問診療実習(外国人留学生研修)中橋  毅 教授博士(医学)地域医療の研修・開発施設として能登北部地域医療研究所教員(2016.9)Faculty訪問診療総合診療専門医の医師像総合診療専門医の医師像人間中心の医療・ケア人間中心の医療・ケア包括的統合アプローチ 包括的統合アプローチ 公益に資する職業規範公益に資する職業規範診療の場の多様性診療の場の多様性連携重視のマネジメント連携重視のマネジメント地域志向アプローチ地域志向アプローチ総合診療専門医の医師像総合診療専門医の医師像

元のページ  ../index.html#68

このブックを見る