金沢医科大学看護学部案内2018
10/32

 大学生活は人生において重要な時間です。金沢医科大学は学生を熱心にサポートし、豊かな人間性を育てる環境が整っているため、私たち保護者は安心しています。また、3学年から始まる丁寧な国家試験対策も心強く感じています。保護者会も大学と連携し、臨地実習時の交通・宿泊費用や国家試験対策の模擬試験費用、インフルエンザワクチン接種費用などの援助を行い、学生を支援しています。大学と保護者が連携し、学生たちをサポートします保護者からのメッセージ看護学部後援会さくら会会長 萬砂 省一 さん本格的な看護学実習が始まる前の1学年・2学年では、医科学・看護学専門科目の学習が円滑にスタートできるように、各教員がサポートします。例えば、「授業でわからないところがあるけれど、授業中に質問しにくい」「どうやって勉強したらいいかわからない」「将来、保健の先生になりたいが、どの科目を履習すればよいかわからない」など、学生個々のニーズに応じて個別指導を行い、学習支援セミナーや補習授業を開催しています。学生のニーズに合わせた個別指導と学習支援大学生活のスタートと学習習慣の確立をサポート看護専門分野の知識修得と実践力向上を支援● 履修方法に関する支援● 学習方法獲得の支援● 学習に関する不安・悩みの相談支援1学年大学生活に少しでも早く慣れることができるように、精神的サポートはもちろん、履修方法をはじめ自分に合った学習方法が見つけられるように学習支援セミナーを定期的に開催しています。2学年看護に関する知識の修得、看護実践力の向上を目指し、実技の個別指導や疾病治療論の学習方法の指導など、看護専門分野の学習が円滑に進むように支援しています。大学生活においては、誰もが学習上の悩みや将来についての不安など、さまざまな問題に遭遇します。本学部では、個別指導を重視した学習支援体制を整えています。授業科目担当教員をはじめ、学業支援室委員、国家試験対策委員、クラス担任、学生生活委員、教務委員が協力・連携し、一人ひとりの学生をサポートしています。また、「大学における授業の受け方、生かし方」「教員への質問方法」「一般教養科目と医科学・看護学系科目とのつながり」など、学習支援セミナー(年3回程度)を開催しています。一人ひとりに合わせた学習・生活サポートClose up 3●●●10

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る