金沢医科大学看護学部案内2018
14/32

本学の教育方針(カリキュラム・ポリシー)̶本学が大切にしていること人間理解のステージです。多様な背景を持つ患者さんを理解し、医療チームで協働できる人間性や秩序、倫理観を養います。看護の専門知識を深めることにより、看護職者のすばらしさ、あり方、働き方を理解します。人間学領域多様な人を理解して看護をするために文学や表現法など教養を学びます。医科学領域病気になった人を理解するために医学的な視点での診かたを学びます。1学年2学年医科学領域人間の身体を理解するために医学的な視点での診かたを学びます。人体を学ぶ人体を学ぶ人間学領域看護職者に必要な教養や語学、保健医療福祉分野などを学びます。人と社会を学ぶ看護学領域「看護とは何か」という問いに始まり、看護の奥深さと可能性を理解します。基本を学ぶ看護学領域専門領域を学び、健康問題を解決する看護技術を身につけます。方法を学ぶ人と社会を学ぶ『人間学領域』で「人間」「社会」「情報」「国際」に関する理解を深めたうえで、『医科学領域』では対象の健康課題を理解し、『看護学領域』では看護学の知識・技術・態度、および実践力を修得するという、看護専門職となるための体系的な学修ができるカリキュラムとしている。看護専門職に必要な豊かな感性と教養および高い倫理観の基盤形成を目的として、『人間科学領域』の科目を初年次から配置している。また、豊かな人間性の形成と多様な人々の理解をねらいに、課外活動として学外研修や自ら学習計画を立て主体的に学べる機会を設けている。看護専門職に必要な知識・技術・態度を修得し、看護を実践する能力を養うことを目的として、『医科学領域』と『看護学領域』各科目を並行して配置し、『看護学領域』の科目は「看護学Ⅰ(基本)」「看護学Ⅱ(方法論)」「看護学Ⅲ(実践)」「看護学Ⅳ(発展)」の順序で配置している。特に、看護実践能力の修得を重視し、「看護学Ⅱ(方法論)」ではクリニカル・シミュレーション・センターを活用した、より実践的な授業を行い、「看護学Ⅲ(実践)」では客観的臨床能力試験(OSCE:Objective Structured Clinical Examination)を行っている。多職種と協働し、看護の専門性を発揮できる能力を養うことを目的として、『医科学領域』『看護学領域』の各科目において、保健・医療・福祉領域における看護専門職者の役割を認識できるよう、医療・保健・福祉現場で活躍する医師・専門看護師・認定看護師をはじめとする多職種を講師として招き授業を行っている。1234カリキュラム・ポリシー看護の対象を尊重する豊かな人間性を基盤に、看護学の確かな知識・技術・実践力を修得し、看護専門職として、生涯にわたり自己研鑽できる学生を育成します。本学部のカリキュラムは、看護師教育課程である人間学領域・医科学領域・看護学領域から構成されています。保健師もしくは助産師選択コースは、別に講義・演習・実習が設けられています。宿泊研修、クラス会、認知症サポーター、ウォーキングボランティア、教育講演会、海外語学研修等人間力育成人間力育成クラス会、認知症サポーター、ウォーキングボランティア、教育講演会、海外語学研修、クリスマス会の企画等本学では豊かな人間性を育むためのさまざまな機会を学生に提供しています。希望する学生が参加することができます。人間力育成14

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る