金沢医科大学看護学部案内2018
15/32

これまでの知識と技術を発展させ、研究に取り組みます。科学的根拠に基づいた看護の実践を学びます。看護師のロールモデルと出会い、自己の将来像を描きます。生涯、研究マインドを持って看護学を探求できる素養を身につけます。集団、社会における看護の意味を理解します。看護学領域看護学領域実習これまで学んだ知識と技術を駆使し実習を通して実践的に学びます。3学年4学年実践を学ぶ応用を学ぶ助産師選択コースの学習保健師選択コースの学習 カリキュラム・ポリシーとは、教育理念や教育目標、学士(看護学)の学位授与の条件を満たすために必要な教育方法の考え方をまとめたものです。本学部では8つの教育方針に沿ってカリキュラムを編成しています。 本学部のカリキュラムは、「クリニカル・シミュレーション・センターを活用し、高度な技術を安全に修得できること」「多職種と協働する力を養うために、医師、専門看護師、認定看護師など多職種を招いた講義が豊富であること」「修得した能力を客観的臨床能力試験(OSCE)にて評価していること」が特長です。カリキュラム・ポリシーとは地域志向を視野に入れた専門性を獲得することを目的として、公衆衛生看護学に関する科目を必修として配置している。また、「看護学Ⅱ(方法論)」「看護学Ⅲ(実践)」では地域で生活する対象への看護を実践する機会を設けている。生涯にわたって、看護の専門性を深める学習能力を養うことを目的として、学習方法として事前学習を課している。特に、「看護学Ⅲ(実践)」科目では、看護専門職の成長に必要な批判的分析力、論理的思考力、情報活用力の獲得を目指した事前学習を課している。また、看護専門職としての長期的展望に立ち、自己学習計画を遂行するための自己管理能力を身につけることをねらいに、「看護学Ⅳ(発展)」の科目を4年次に配置している。看護専門職として、国際的な視野を持ち看護が実践できる力を養うことを目的として、『人間科学領域』において言語に関する科目を、「看護学Ⅳ(発展)」に国際看護学を配置している。また、教育課程以外に海外語学研修プログラムや海外交流協定校との交流の機会を設けている。保健師および助産師国家試験受験資格を取得するために必要な科目を選択できる機会を設けている。5678QA標準試験(卒業試験)客観的臨床能力試験(OSCE)標準試験保健師・助産師コース選抜教務委員長・成人看護学紺家千津子教授学業支援室によるセミナー、クラス会、ウォーキングボランティア、震災復興ボランティア、医学部との合同行事、内灘祭の運営等人間力育成学業支援室によるセミナー、クラス会、震災復興ボランティア、医学部との合同行事、学友会の運営等人間力育成15

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る