金沢医科大学看護学部案内2018
2/32

 急性期医療の病床数を減らしていく国の医療政策に伴い、看護職者の就職先は多様化していくことが予想されます。介護・福祉や予防医学、在宅医療の分野などにも活躍の場が広がっていくでしょう。どんな職場・職種であれ、思いやりや気配りは不可欠です。「倫理に徹した人間性豊かな医療人の育成」を建学の精神とする本学は、知識や技能の修得とともに人格形成を重視した教育を提供しており、教員陣の素晴らしい熱意により、看護師国家試験合格率100%を継続しています。「自分の家族が病気になった時、どんな看護師にケアしてもらいたいか」を常に考え、「人に尽くす喜び」を追い求める医療人を目指してほしいと願います。髙島 茂樹 理事長 「看護師の国家試験合格率100%」は本学看護学部の伝統的な強みです。教員陣は「必ず合格させる」という強い使命感と情熱のもと、徹底した個別学習支援、特別強化学習プログラム、国家試験模擬試験などを提供しています。4学年ではマンツーマン指導を行い、強い師弟関係が築かれるのも本学の特徴です。高齢化や核家族化の進行に伴い、孤立を余儀なくされる患者さんが増加している現在、親身に話を聞き、思いやりや共感ができる「社会の天使」のような看護職者が求められています。本学は知識、技能、態度はもちろん、豊富な実習を通して、倫理観や人間性に優れ、コミュニケーション力にも秀でた人材育成に全力で取り組んでまいります。神田 享勉 学長人格形成を重視し、倫理観と人間性を育む金沢医科大学は人間性と倫理観を基盤とした医療 思いやりと共感ができる「社会の天使」であれ場所は2017年5月竣工の病院中央棟エントランスホール2

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る