金沢医科大学看護学部案内2018
3/32

 医療を提供する場が施設完結型から地域完結型へ移行する時代となり、看護師には在宅などさまざまな現場で患者さん一人ひとりに最適な看護を提供できる看護実践能力が求められています。本学では学生を手厚く教育することで知識と技術態度を確実に修得してもらうと同時に、課外活動の場を多く用意し、患者さんを生活者として理解して倫理観を持って対応する対人スキル、豊かな人間性を養っています。また、北陸の他大学に先駆けてOSCEという客観的臨床能力試験を導入し、高い看護実践能力を備えた人材を輩出しています。これから入学される皆さんには「看護師になりたい」という強い気持ちを持ってほしいと思います。教員一丸となってそれぞれの夢の実現に向って支えていきます。滝内 隆子 看護学部長人を育成します「施設」から「地域」へ、対応力と実践能力を育成3

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る