情報公開

医学研究科における大学院生の教育施設情報等

 大学院生の教育・研究に活用する施設は、学部講座・学部学生施設と共用である。
学生自習室は、学部講座・部門の研究室を一部転用(配置場所は、各専門科目毎に異なる)し、個人机、椅子を140人分以上配置。自習室には必要に応じてインターネット情報が取得できるように情報コンセントが敷設されており、24時間、金沢医科大学統合情報ネットワーク(KMU net)に接続することができる。
また、臨床研究棟の研究室には、電子カルテシステムの端末が設置されており、指導医同伴のもとで画像データ、検査データが閲覧でき、PBLテュートリアルが実現できる環境が整えられている。
学位審査時・テレビ会議専用の部屋も設け、活用している。
なお、大学院生は専門科目、共通科目、特別研究の内容に応じて、総合医学研究所等の共同研究施設や、ラジオアイソトープ施設、情報処理室を使用することができる。

■ 大学院生が研究等に従事する施設について

(1)講義・演習室
講義・演習のための施設は、学部学生施設と共用とする。
室 数 24室(本部棟5室、医学教育棟2室、基礎研究棟3室 教養棟1F 5室、教養棟2F 9室)
面 積 53 ㎡〜240 ㎡
(2)実験・実習室
実験・実習のための施設は、学部学生施設と共用とする。
室 数 23室(学部講座の研究室・実験室、基礎研究棟3F、臨床研究棟2〜5F、
本部棟3・4Fの実験室及び実習室)
面 積 140 ㎡〜300 ㎡
(3)情報処理室
情報処理のための施設は、学部学生施設と共用とする。
室 数 1室(収容定員56名、教養棟2F)
面 積 166 ㎡
(4)大学院セミナー室
学位論文審査、大学院共通科目講義、テレビ会議のために使用する。
室 数 3室(収容人数 50名以上、基礎研究棟3F)
面 積 150㎡
(5)共同研究室
総合医学研究所等を利用する。(臨床研究棟、基礎研究棟・RI研究室)
(6)図書館等
金沢医科大学統合情報ネットワーク(KMU net)により、図書館及び学内に設置された
コンピュータ端末から、各種データベースを使用した国内外の最新医学情報や各種資料
の検索及びインターネットの利用が24時間可能。
「利用可能なデータベース」
①ISI Web of Knowledge ②医中誌Web ③EBM Reviews ④Up To Date
⑤CHINAHL 等
図書館ホームページから、オンラインジャーナル約6,000タイトルの閲覧が可能