本文へジャンプ

金沢医科大学

教学課(大学院担当)

開講科目

必修科目

(各1単位)

科目名

講義内容

講義担当

腫瘍薬物学特論
【e-Learning】

抗がん剤の基礎的知識および,作用機序と有害事象についての理解を深める.効果予測因子としてのバイオマーカーについても最新の知識を学ぶ.

化学療法総論1

矢野聖二(金沢大学)

化学療法総論2

矢野聖二(金沢大学)

がん化学療法の薬理学①

西尾眞友(金沢医科大学)

がん化学療法の薬理学②

西尾眞友(金沢医科大学)

分子標的治療(1)

山田忠明(金沢大学)

分子標的モノクローナル抗体治療薬の作用機序と臨床成績

渡邊弘之(福井済生会病院)

腫瘍放射線医学特論
【e-Learning】

根治療法および緩和療法としての放射線療法の適応や,治療計画および線量測定の原理を理解する.放射線治療の急性作用と遅発性作用の両方を把握する.

総論

高仲 強(金沢大学)

放射線生物学

塩浦宏樹(福井大学)

放射線腫瘍学・治療学各論

的場宗孝(金沢医科大学)

密封小線源療法

小川心一(木沢記念病院)

アイソトープ治療(内容療法)

絹谷清剛(金沢大学)

放射線治療を受ける患者の看護

小川外志江(金沢大学)

がん緩和医療学特論
【e-Learning】

がん緩和療法に用いる薬剤の作用を理解し,緩和療法とはどのようなものであるかを認識する.緩和療法・支持療法における和漢薬の使い方についても理解を深める.

がん疼痛緩和と医療用麻薬製剤について-その①-

山本奈歩(金沢大学)

がん疼痛緩和と医療用麻薬製剤について-その②-

原 祐輔(金沢大学)

がん性疼痛を有する患者の看護(1)

丸谷晃子(金沢大学)

がん性疼痛を有する患者の看護(2)

稲垣美智子(金沢大学)

がん性疼痛治療の実際

山田圭輔(金沢大学)

精神科からのアプローチ 緩和医療

金田礼三(金沢大学)

腫瘍病理学特論
【e-Learning】

がんの確定診断と重症度・進展度を判断する上での病理学的診断の重要性を理解する.各種がん細胞における病理学的特徴についての知識を習得する.

Fluorescence in situ hybridizationで見る癌細胞における遺伝子増幅

大井章史(金沢大学)

原発性肝癌の臨床病理学的特徴と発癌・進展機構

佐々木素子(金沢大学)

発ガンのメカニズムとがん化学予防

清川悦子(金沢医科大学)

上皮性腫瘍と非上皮性腫瘍の病理学的特性-肉腫の分類と組織診断-

野島孝之(金沢医科大学)

肺癌の病理 up to date

上田善道(金沢医科大学)

カルチノイド腫瘍

高野康雄(神奈川県立がんセンター臨床研究所)

臨床腫瘍学特論
【e-Learning】

治療の一般原則を理解したうえで,各種のがん治療および各種悪性腫瘍に特有で考慮すべき事項にについて指導を受ける

急性骨髄性白血病 Acute myeloid leukemia(AML)

奥村廣和(金沢大学)

呼吸器悪性腫瘍

笠原寿郎(金沢大学)

乳がん

井口雅史(金沢大学)

カウントダウン 子宮頸癌ゼロの日

井上正樹(金沢大学)

泌尿器悪性腫瘍

溝上 敦(金沢大学)

消化器悪性腫瘍

元雄良治(金沢医科大学)

がん外科学特論
【e-Learning】

外科医とともに,手術の適応および禁忌の理解を深め,悪性疾患患者の病期分類,根治療法,緩和治療における手術の役割を熟知する.

腫瘍外科治療の最前線 膵癌の臨床

太田哲生(金沢大学)

腫瘍外科治療の最前線 -肺癌-

田村昌也(福井県立病院)

増加する乳癌、大きく変わる乳癌手術

野口昌邦(金沢医科大学)

胃癌

小坂健夫(金沢医科大学)

肝臓癌の診断と治療

塚田一博(富山大学)

腫瘍外科治療の最前線 -大腸癌-

山口明夫(福井大学)

腫瘍薬物学演習 北陸がんプロキャンサーボード・症例検討会に参加(6回) 4大学持ち回りで開催
腫瘍放射線医学演習 北陸がんプロキャンサーボード・症例検討会に参加(6回) 4大学持ち回りで開催
がん緩和医療学演習 北陸がんプロキャンサーボード・症例検討会に参加(6回) 4大学持ち回りで開催

腫瘍病理学演習
【e-Learning】

腫瘍病理学特論で学習した「腫瘍の特性」を基に,演習ではバーチャルスライドを用いて,甲状腺、消化管,肝胆膵,呼吸器,婦人科,骨軟部,リンパ節骨髄などの各臓器の代表的な病理組織像を学ぶ.

消化管腫瘍の病理演習

伊藤浩史(福井大学)

肝・胆・膵腫瘍の病理演習

全  陽(金沢大学)

呼吸器腫瘍の病理演習

湊  宏(金沢医科大学)

婦人科腫瘍の病理演習

車谷 宏
(石川県立中央病院)

骨軟部腫瘍の病理演習

野島孝之(金沢医科大学)

リンパ節・骨髄腫瘍の病理演習

石澤 伸(富山県立病院)

臨床腫瘍学演習 北陸がんプロキャンサーボード・症例検討会に参加(6回) 4大学持ち回りで開催
がん外科学演習 北陸がんプロキャンサーボード・症例検討会に参加(6回) 4大学持ち回りで開催

選択科目

(各1単位)

科目名

講義内容

講義担当

分子腫瘍学特論
【e-Learning】

腫瘍の発生・増殖・進展の各過程で役割を果たす様々な遺伝子や分子について,基本的な分子生物学的,生化学的解説を行う.

分子腫瘍学概論

伊藤浩史(福井大学)

がん遺伝子

横田義史(福井大学)

がん抑制遺伝子

大島正伸(金沢大学)

がんの転移・浸潤に関わる遺伝子や分子

佐藤 博(金沢大学)

アポトーシス関連遺伝子の特徴や機能

須田貴司(金沢大学)

がん転移と細胞接着
~接着抑制によるがん転移の抑制~

済木育夫(富山大学)

臨床統計学特論
【e-Learning】

がん臨床に必要な統計学の基本的な考え方,臨床研究デザイン,メタアナリシス,QOL評価、単変量解析および多変量解析について理解を深める.

統計的考え方の基本

折笠秀樹(富山大学)

臨床試験のデザイン

酒井弘憲(富山大学)

Meta-analysis

酒井弘憲(富山大学)

QOL評価

折笠秀樹(富山大学)

単変量解析 (t-test, Wilcoxon test, chi-square test, Fisher test)

折笠秀樹(富山大学)

多変量解析 (multiple regression, logistic regression, survival analysis, repeated measures)

折笠秀樹(富山大学)

臨床栄養学特論
【e-Learning】

がん臨床における栄養摂取,代謝などの変化を理解し,がん診療に必須の栄養学を多方面からのアプローチで習得する.

がんの化学療法時の栄養管理

大村健二(山中温泉医療センター)

栄養障害が生体にもたらす影響

片山寛次(福井大学)

特殊病態の栄養管理

大村健二(山中温泉医療センター)

栄養アセスメントと必要量の設定

片山寛次(福井大学)

栄養療法の実際

片山寛次(福井大学)

周術期の栄養管理

大村健二(山中温泉医療センター)

臨床統計学演習
【e-Learning】

統計学の基本事項の確認の後に,例題・演習を通じてより実践的な統計力を身につける. 専門的な統計処理ソフトを使うことなく,身近な表計算ソフトを十分に活用できるようにする.

※必修受講講義6講義のち、4講義以上の合格(各講義100点満点中6点以上)をもって単位認定する。

基本統計量 
[必修受講講義]

中村裕之(金沢大学)
人見嘉哲(金沢大学)
神林康弘(金沢大学)
日比野由利(金沢大学)

相関(パラメトリック) 
[必修受講講義]

相関(ノンパラメトリック) 
[自由受講講義]

対応がない t 検定
[必修受講講義]

対応がある t 検定 
[必修受講講義]

マン・ホイットニーの検定 
[自由受講講義]

ウィルコクスンの符号付順位検定[自由受講講義]

比率の検定(χ2乗検定)[必修受講講義]

分散分析(一元配置分散分析)[必修受講講義]

クラスカル・ウォリスの検定 
[自由受講講義]

生命表解析 
[自由受講講義]

生命表解析-2つの生存曲線の比較方法- 
[必修受講講義]

分子生物学入門
【e-Learning】

最新の分子生物学の内容を分かりやすく概説し,理解を深める.

細胞のなりたち

竹上 勉(金沢医科大学)

DNA、RNAそしてタンパク質

東海林博樹
(金沢医科大学)

DNA障害とがん化

石垣靖人(金沢医科大学)

遺伝子発現とがん化

竹上 勉(金沢医科大学)

細胞周期とがん化

岩淵邦芳(金沢医科大学)

組織構築とがん化

米倉秀人(金沢医科大学)

 

 

PAGE TOP