本文へジャンプ

金沢医科大学

教学課(大学院担当)

キャンサーボード症例検討会

 キャンサーボードとは、従来の縦割りの診療科の垣根を取り払い、内科、外科、放射線科、麻酔科、精神科、緩和医療科、病理学、看護学、 薬理学、リハビリテーション医学、栄養学、心理社会学などの各専門家が、一同に集まり、1つの症例に対する治療法を包括的に議論する場です。エビデンスに基づいた有効性の高い集学的治療法を決定し、疾患の種類や病期、合併症、更には患者さんの意志を尊重した、最適で包括的な治療方針を提示・実践しています。
 金沢大学、富山大学、福井大学、金沢医科大学(4大学)の持ち回りで毎月2回開催され、がん専門医等による活発な意見交換と、最適且つ包括的な治療方針が討議されており、北陸3県のがん診療連携拠点病院等もテレビ会議システムを導入し参加しています。

対象の演習科目

 腫瘍薬物学演習、腫瘍放射線医学演習、がん緩和 医療学演習、臨床腫瘍学演習、がん外科学演習の各科目6回以上参加により1単位を認定されます(科目等履修生除く)。
 また、e-Learning履修科目の単位認定要件として各科目1回以上の症例検討会参加が必要です。

金沢医科大学会場

 基礎研究棟3階 大学院セミナー室(テレビ会議室)

 

 

PAGE TOP