入試情報

学生インタビュー

呼吸機能治療学 4年次
西木 一哲
〜知識を深め、臨床医としての幅を広げたい〜

 基礎研究を通して呼吸器内科学を探求したいと思い、大学院に入学しました。1、2年次は講義が中心で、統計学や論文発表の仕方などを学びます。多くの大学院生は昼夜開講制を利用し日中は病棟などで勤務しますが、担当患者数を考慮してくれるなど、医局のサポートもあり、研究に専念できる環境です。研究は知識を深め、臨床医としての幅を広げるものだと思います。研究の成果を臨床につなげ、社会に貢献したいと思います。


内分泌代謝制御学 4年次
髙垣 雄太
〜トップラボでの研究を本学から発信したい〜

 大学院への進学は、学生時代に出会った先輩医師がきっかけです。学会などで積極的に発言し、質問するアグレッシブな姿勢に圧倒されました。影響を受けて積極的に行動したことで、ライバルや目標とする人に出会いました。現在取り組んでいるのは、現実の病態を想定し、実際の治療薬を使用した研究です。臨床に即した研究ができるのは大学病院のメリット。研究を通して臨床現場での考え方が変わり、病態を深く探れるようになったことを実感しています。
 本医局は、糖尿病腎分野におけるトップラボでもあり、最先端の研究を行っています。「とにかくやってみる」医局全体の前向きな雰囲気が挑戦を後押ししてくれます。


感覚機能病態学 4年次
中村 有加里
〜同世代の医師たちと切磋琢磨しながら、嗅覚神経再生のメカニズムを解明したい〜

 私が所属する本大学病院耳鼻咽喉科には嗅覚・味覚外来があり、海外からも患者さんがいらっしゃいます。その分野のスペシャリストである三輪教授の研究に興味を持ち、大学院に進学しました。医局に所属する同年代の医師の研究に取り組む姿勢に刺激されたことも進学の理由です。現在は認知症に関わる「嗅覚神経の再生」の研究に取り組んでおり、将来的に認知症の改善につなげたいと考えています。
 臨床医として、外来の患者様に嗅覚障害のメカニズムをわかりやすく説明できるのも、研究のメリットだと思います。臨床と研究の両立は大変ですが、1週間に数日、研究に集中できる日を設けていただくなど、医局の先生方が協力的なので心強いです。