教育・研究指導

産学連携ガイダンス(1単位)《夜間開講》

※今年度はWeb会議ツール「Zoom」を使用しての開講となります

コーディネーター : 石垣靖人 教授
講 義 者 :裙本 理人、對比地 久義、栗原 大、北村 千枝美(いずれも学外非常勤講師)

開 講 期: 前 期

授業場所: 基礎研究棟3階 大学院セミナー室

学習目標
1.一般目標(GIO)

 産業界に所属し特定の分野において高度な知識を実践的に活用して活躍している講師からの講義等を通して、様々な業界の展望や産学連携における研究の考え方や進め方について実践的な知識を身につける。

2.行動目標(SBO)

 講義の中で直接指導を受け、様々な専門家の関与や産学協同により、自らの学びや知識を社会実装することを目指せるようになる。

評価方法

出席、受講態度、レポートの総合評価

準備学習(60分/1回の講義あたり)

産学連携、細胞治療、細胞培養、医療機器の承認制度および放射性医薬品についての一般的な知識にふれておく。

課題に対するフィードバック

 レポート等の課題を提出させた場合は、内容のチェック・添削を行い、その結果を本人へフィードバックして理解の向上を目指す。

授業時間割・講義内容
講義日 講義時間 講義内容(テーマ)
 5月15日(金) 18:00〜19:30 医療制度の現状と医学生に期待すること: 社会課題の解決を目指して
(セルソース株式会社 代表取締役社長CEO 裙本 理人)
 5月22日(金) 18:00〜19:30 培養液製造販売企業の視点からの再生医療支援事業における現状と展望、および医科系大学との連携に期待すること
(コージンバイオ株式会社 部長 對比地 久義)
 5月29日(金) 18:00〜19:3021:10 コージンバイオ株式会社における医工連携事業の社会実装への取り組み
(コージンバイオ株式会社 部長 對比地 久義)
 6月 5日(金) 18:00〜19:3021:10 再生医療業界の現状と展望: セルソース株式会社の取り組み
(セルソース株式会社 代表取締役社長CEO 裙本 理人)
 6月12日(金) 18:00〜19:30 医療機器業界における現状と展望、産学協同の可能性
(ジョンソンエンドジョンソン株式会社 シニア・マネージャー 栗原 大)
 6月19日(金) 18:00〜19:3021:10 医療機器業界における医科系大学との製品開発・医学教育の連携について
(ジョンソンエンドジョンソン株式会社 シニア・マネージャー 栗原 大)
 6月26日(金) 18:00〜19:30 放射性医薬品の現状と展望: 診断と治療の観点から
(富士フイルム富山化学株式会社 プロダクトマネージャー 北村 千枝美)
 7月10日(金) 18:00〜19:3021:10 富士フイルム富山化学の産学連携共同研究に関する取り組み
(富士フイルム富山化学株式会社 プロダクトマネージャー 北村 千枝美)