本文へジャンプ

金沢医科大学

教学課(大学院担当)

教育・研究指導

専門科目

【目的】

 専門科目は、専門分野の知識・技術を習得し、医学研究科大学院生としての専門性や社会性を獲得するとともに、博士論文の立案、作成の基盤となる知識、技術、方策を習得することを目的としています。科目は、次の3専門分野47専門科目からなります。

 ※ 各専門科目のシラバスは、専門科目名(青字部分)にリンクしています
生体機能形態医学分野 生体制御医学分野 健康生態医学分野
生体の形態と機能の解析に重点を置き教育・研究を行う専門分野。 人間の生命を制御する高度な制御機構を教育・研究する専門分野。 人間が健康で安全な生命活動を維持するための環境生態を教育・研究する専門分野。
【履修方法等】
・主科目(所定単位数:12単位)

 主科目(専攻した専門科目)は1または2年次に、講義4単位(30コマ)、演習4単位(60コマ)、実験実習(60コマ)の計12単位を履修する(1コマは90分)。

・副科目(所定単位数:8単位)

 異なる分野から、2科目選択し、講義各4単位(30コマ)の計8単位を1、2、3年次いずれかにおいて履修する。

【授業期間】

 前期、後期の授業期間 ⇒ 学年暦

【評価方法】
  • ①授業科目の担当教員が、試験(口頭又は筆答)、レポート等により行う
  • ②授業科目の成績は優、良、可を合格とし、不可を不合格とする
  • ③評価基準は100点満点で、合格は60点以上、不合格は60点未満とする
  • ④評価基準の詳細は、優は80点以上、良は70~79点、可は60~69点、不可は59点以下とする
  • ⑤各授業科目の成績報告時は、毎年3月中旬とし、単位の認定は授業科目履修報告書に基づき行う

※履修にあたっての相談、指導は大学院担当教員が実施する

 

PAGE TOP