各種案内

災害時の対応

 地震や火災などの災害の発生に備えて被害を未然に防止するため、または災害が発生した際に被害を最小限度にとどめるため、「学校法人金沢医科大学消防計画」に基づき、下記のように学生の対応を定めています。



1.大地震(震度6強想定)が起きたら

揺れが発生したら 安 全 確 保 自分の身を守る行動を取る
  • 窓際から離れ、机の下などにもぐる。
  • エレベーターの中にいる場合、すべての階のボタンを押し、停止した階で降りる。


揺れが収まったら 災 害 対 策 二次災害防止
  • 火元の確認
  • 実験器具などの電源を切る。
  • 火災が発生したら、落ち着いて初期消火を行う。
  • 劇物・薬物の確認。
  • 同じ部屋にいる人の安全を確認する。
  • 部屋の出口ドアを開けて、避難口を確保する。


避     難 避難場所へ向かう
  • 階段を使い避難場所へ向かう。(エレベーターは使用しない)
  • 避難に際し、隣室の人等の安全を確認する。
  • 逃げ遅れた人、行方不明の人がいたら、教職員や消防隊員に知らせる。


2.火災が起きたら(~3分)

火災を発見したら 早く知らせる 周囲に大声で知らせ、防災へ通報
  • 火災を見つけたら、火事であるということを大声で叫び、周囲に知らせる。
  • 近くの火災報知器のベルを押す。
  • 臨床研究棟防災センターへ通報する。



早く消火する まずは初期消火を試みる
  • 消火器・消火栓を用いて消火にあたる。(足りない場合等は濡らした布等も有効)
  • 火が天井まで燃え移ったら消火は不可能であるため、消火をあきらめて避難を開始する。



火が天井に達したら 早く避難する 煙を吸わないように避難する
  • タオルやハンカチ等で鼻と口をおおい、煙を吸わないようにできるだけ姿勢を低くして避難する。
  • 煙で前が見えない場合は、壁に手をあてて方向を確認しながら避難する。



避難場所

 本学では、以下を一時避難場所として想定しており、そのうち、最寄りの避難場所に避難する。ただし、地震時の状況により安全な場所に避難すること。

  • 1.グラウンド、グラウンド横駐車場
  • 2.臨床研究棟前駐車場
  • 3.本部棟前駐車場

帰宅可能な場合
  • 帰宅可能な場合は、大学院に報告の上、原則として徒歩で帰宅する。
  • 帰宅時は、できる限り同じ方向の2人以上で行動する。
  • 帰宅後、状況を大学に報告する。
  • 携帯ネットにより安否確認メールが送信されるので、帰宅して状況が落ち着いたら回答する。

※医学研究科大学院生は必ず携帯ネット.comに登録をしておくこと。



帰宅できない場合
  • 交通機関が停止する、帰宅が深夜になるなど、帰宅困難となった場合は学内にとどまり、大学が用意する避難所か、最寄の避難所を利用する。
  • 1日~数日程度様子を見て、交通機関等の復旧状況により、帰宅するかどうか判断する。
  • 大学の避難所では、大学の指示に従い、避難所運営の手伝いをすることもある。