各種案内

市民公開講座

北陸がんプロ金沢医科大学氷見市民公開講座
胃がんを知って負けない生き方

 一般市民の方を対象に市民公開講座を開催し、がん患者やその家族が、がんと向き合いどのような生き方をすればよいか、また、医療スタッフとの交流・連携を通して、充実した生活を送ることがいかに大切かについてを講演します。
 

開催日時

2013年11月2日(土) 15:00〜17:35 

会場

氷見市いきいき元気館 富山県氷見市中央町12-21

内容
第1部:基調講演

がんを宣告されて知ったこと
 座長: 髙島 茂樹    金沢医科大学氷見市民病院 病院長
 講師: 橋本 五郎 氏  読売新聞特別編集委員

第2部:シンポジウム

 座長: 森山 学     金沢医科大学氷見市民病院泌尿器科 科長・教授
     井口 晶晴    金沢医科大学氷見市民病院 呼吸器内科 科長・講師

 Ⅰ. 胃がんの疫学、発生、病態
     松木 伸夫    金沢医科大学氷見市民病院 院長補佐 教授・健康管理センター長

 Ⅱ.胃がんの症状、診断
     浦島左千夫    金沢医科大学氷見市民病院 消化器内科 科長・准教授

 Ⅲ.胃がんの治療
    ①内科的治療
     伊藤 透     金沢医科大学 消化器内視鏡学 教授・講座主任
    ②外科的治療・予後
     斎藤 人志    金沢医科大学氷見市民病院 副院長 一般消化器外科 科長・教授

 Ⅳ.胃切除後の術後の経過・後遺症・栄養状態
     道渕 路子    金沢医科大学病院 看護師 がん性疼痛認定看護師

第3部:特別講演

胃がん手術40年、8000例を経験して―がんの今と昔と明日への提言―
 座長: 髙島 茂樹    金沢医科大学氷見市民病院 病院長
 講師: 辻 政彦     富山医療福祉専門学校長、富山県立中央病院 名誉院長(元外科部長)

主催

 金沢医科大学氷見市民病院

共催

 北陸がんプロ(北陸がんプロフェッショナル養成プログラム、北陸高度がんプロチーム養成基盤形成プラン)

後援

 公益財団法人氷見市医師会、富山新聞社、北日本新聞社、能越ケーブルネット株式会社

お問合せ

 金沢医科大学氷見市民病院 総務課
  〒935-8531 富山県氷見市鞍川1130番地
   TEL 0766-74-1900(代表) <内線2022>   FAX 0766-74-1901
   E-mail kh-soumu@kanazawa-med.ac.jp