本文へジャンプ

金沢医科大学

医学研究科

教育・研究指導

教育・研究領域の構成

 本研究科の教育目標を達成するために、学問領域として、「看護教育学領域」、「地域生活支援看護学領域」、
「高度実践看護学領域」を設けています。

領域 分野
看護教育学領域 看護教育学分野
地域生活支援看護学領域 地域生活支援看護学分野 地域健康支援看護学
生活支援看護学
高齢者支援看護学
創傷・スキンケア看護学
精神保健支援看護学
高度実践看護学領域 精神看護学分野(専門看護師教育課程配置)
クリティカルケア看護学分野(専門看護師教育課程配置)

 

看護教育学領域

 看護教育学領域では、学士課程における看護教育者として、高度化・多様化する医療の動向、社会の変化を見据え、体系的かつ実践的な看護教育が構築できる「教育力」、「看護実践力」を修得するとともに、看護教育の質向上と発展に貢献できる「研究マインド」を兼ね備えた看護教育者の育成を主なねらいとしています。

 看護教育領域には、看護教育制度、看護教育課程、看護教育内容と方法、看護教育評価などの看護教育学の理論・知識を修得するために必要な科目と講義・演習や臨地実習指導などで求められる教育実践力の修得に必要な演習科目を配置しています。

地域生活支援看護学領域

 我が国が推し進めている地域包括ケアシステムの構築に看護職として貢献できる人材には、科学的根拠や看護理論に基づく高い「看護実践力」をもって、高齢・過疎化地域において、疾病や障害を抱える高齢者をはじめとする地域住民ができる限り住み慣れた地域で生活できることを目指した地域医療・看護を提供できる能力が必要とされています。そのため、これらの能力が修得できるように、地域住民の医療・看護ニーズを包括し看護職の専門性を他職種や住民の中で発揮する能力の基盤となる科目と、地域や住民の健康や生活課題及び地域特性把握、ライフステージや疾患の種類に応じた特徴的な看護を追求する科目を一体的に学ぶ地域生活支援看護学分野を設けました。
 地域生活支援看護学分野では、少子高齢化・過疎化が進む地域の健康課題と地域特性を的確に分析・評価し、他職種や地域住民と協働し、地域住民の生活に根ざした医療・看護を提供できる能力修得に必要となる地域健康支援看護学、生活支援看護学、高齢者支援看護学、創傷・スキンケア看護学、精神保健支援看護学などの科目を配置しています。

高度実践看護学領域

 全国的な高齢化の進行に伴い、認知症・うつ病をはじめとする精神疾患患者と急性・重症患者に対して、高度な専門的知識と能力をもって看護実践できる高度看護専門職者(専門看護師)の育成に対する地域のニーズが高まっています。
 また、高齢者の増加による疾病構造の変化により急性・重症患者看護に対するニーズも高まっています。これらのニーズに対応し、高度な専門的知識と能力をもって、特定分野における高度な専門的知識・能力に基づいた地域医療・看護の提供、看護職等へのコンサルテーションや教育、保健医療福祉チームへのコーディネート、看護実践の質向上へ貢献できる特定分野における高度看護専門職者である専門看護師の育成を目指し「高度実践看護学領域」を設置しました。

精神看護学分野

 精神看護学分野では、精神看護学に特化した理論・知識・技術を基盤に、うつ病など精神疾患で苦しむ精神障害者に、高度な知識と技術を伴う精神看護の実践提供ならびに看護の質向上に必要な「看護実践力」「教育力」を身につけた精神看護専門看護師の育成を主なねらいとします。精神看護学分野では「精神疾患患者に対して水準の高い看護を提供し、一般病院でも心のケアを行うリエゾン精神看護の役割を提供する精神看護専門看護師」の育成に必要な教育課程を配置しています。

クリティカルケア看護学分野

 クリティカルケア看護学分野では、緊急度や重症度の高い患者に対して集中的な看護を提供し、患者本人とその家族の支援、医療スタッフ間の調整などを行い、最善の医療が提供されるよう支援する急性・重症患者看護専門看護師の育成に必要な教育課程を平成29年度から配置しています。クリティカルケア看護学分野では、クリティカルケア看護学に特化した理論・知識・技術を基盤に、急性の生命の危機的状況にある患者の生命を守るとともに、患者および家族に対して状況に応じた最高の安楽を提供できる「看護実践力」「教育力」を身につけた急性・重症患者看護専門看護師の育成を主なねらいとします。

教育研究分野別教員名と教員毎の研究テーマ

領域・分野 指導教員 研究テーマ
看護教育学 滝内 隆子 教授
  • ①看護基礎教育及び看護継続教育における効果的・効率的な教育方法、教育内容、教材開発
  • ②看護専門職として看護実践能力を育成するための効果的な教育プログラムの開発
  • ③看護歴史に関する研究
坂井 恵子 教授
  • ①看護教員のストレス要因の測定や看護基礎教育の教育方法、教育システム
  • ②看護技術に関する基礎的研究
  • ③看護教育者の能力に関する研究
矢野 惠子 教授
  • ①女性の妊孕性領域における保健指導・相談に関する研究
  • ②ライフサイクルと妊孕性の教育に関する研究
地域生活
健康支援
看護学
地域健康支援
看護学
森河 裕子 教授
  • ①地域健康支援に必要な地域の特性の把握・評価
  • ②健康阻害要因や健康増進要因を把握するための記述・観察疫学研究
  • ③地域の健康レベル向上目標達成のための効果的支援方法の介入研究
中島 素子 教授
  • ①労働者における睡眠習慣、喫煙習慣などに焦点をあてた、生活習慣と健康の関連
  • ②労働者の健康レベル向上のための効果的支援方法に関する研究
生活支援
看護学
小林 淳二 教授
  • ①生活習慣病(脂質異常症、糖尿病)の成因、診断、治療、予後、予防ならびに、治療や予防における看護職としてのアプローチに関する研究
前田 修子 教授
  • ①地域で生活する療養者と家族、特に高齢者の健康や生活環境の維持増進を図るための、療養者と家族へ援助方法開発(感染管理、膀胱留置カテーテル管理、医療・衛生材料供給システム)
  • ②訪問看護師への教育プログラム開発
村角 直子 准教授
  • ①糖尿病看護の対象者における生活の質(QOL)および行動や意識の面など要因の分析に関する研究
  • ②糖尿病看護のケア方法の開発
高齢者支援
看護学
平松 知子 教授
  • ①高齢者の理解と健康支援(当事者・家族の体験、転倒予防に対するセルフケアサポートプログラムの開発、等)
  • ②老年看護実践能力育成(評価指標の開発、等)に関する研究
小泉 由美 准教授
  • ①高齢者とその家族を対象に高齢者の健康や生活機能の維持増進に関する研究
  • ②認知症予防のための老年看護学の専門知識・技術の向上に関する研究
  • ③認知症緩和ケアや認知症高齢者の介護負担の軽減に関する効果的な介入プログラムの開発
創傷・スキンケア
看護学
紺家 千津子 教授
  • ①医療施設から在宅等の様々な場における、褥瘡等やおむつ皮膚炎、ストーマケア等のスキンケア看護に関する様々な要因分析、アセスメント方法およびツールの作成、ケア方法の開発、介入評価
松井 優子 准教授
  • ①創傷をはじめとする皮膚障害のアセスメント技術や効果的なケア技術の開発
精神保健支援
看護学
深沢 裕子 教授
  • ①精神保健、精神医療における看護の課題に関する質的研究
田中 浩二 講師
  • ①精神に病いをもつ当事者と家族の生活世界に根ざした体験の解明、当事者と看護師の相互作用の中で展開する治療的看護ケアの考案に関する研究
  • ②臨床あるいは地域における精神看護技術の向上やケアプログラムの開発

領域・分野 指導教員 研究テーマ・研究指導内容
高度実践
看護学
精神看護学 深沢 裕子 教授 精神看護専門看護師としての知識・技術修得の集大成として、精神的諸問題および高度実践看護に関する研究指導を行う。
田中 浩二 講師 医療現場で生じる精神的諸問題を課題とし、看護実践能力を活用した研究指導を行う。
クリティカルケア看護学 小幡 光子 教授 クリティカルケア看護領域における、周手術期看護、生体侵襲を受けた人の急性期看護や倫理的問題に関する実践的課題をテーマとした研究指導を行う。
紺家 千津子 教授 クリティカルケア看護領域における周手術期看護、創傷、スキンケア看護に関する実践的課題をテーマとした研究指導を行う。

PAGE TOP