金沢医科大学 安全保障輸出管理体制

【1】 安全保障輸出管理とは

安全保障輸出管理とは

 安全保障輸出管理とは、日本を含む世界の主要国において、国際的な平和及び安全の維持を目的に、武器や軍事転用可能な物・技術※1を大量破壊兵器等※2の開発等※3を行っている国やテロリストに渡さないようにするための制度です。国際的な枠組みを構築しており、我が国では「外国為替及び外国貿易法(外為法)」とその関連法令により、物の輸出又は技術の提供については許可による規制が行われています。許可が必要なものについて、無許可で提供を行うと、大学も含め、刑事罰や行政罰が科せられる場合があります。
  1. 物:機械、部品、原材料、研究の成果物等
    技術:物の設計、製造、使用に関する技術(ソフトウェアーも含む)
  2. 大量破壊兵器等:核兵器、化学兵器、生物兵器、ミサイル
  3. 開発等:開発、製造、使用又は貯蔵
安全保障輸出管理の必要性

 大学でも、外国の大学や企業との共同研究等を進めていく過程で、研究機器、技術資料及び研究試料の持ち出しや技術提供を行う場合には、外為法に基づく経済産業大臣への輸出許可申請の対象となる場合があります。また、外国からの留学生、研究員への技術提供や技術指導・教育なども、外為法の規制対象となり得る場合がありますので、適切に安全保障輸出管理を行うことが求められており、本学においても管理体制や学内手続きを定め、安全保障輸出管理を行っています。

 物の輸出と技術の提供との違いは以下図の通りです。