最新トピックス

第5回中性脂肪学会にて当教室の先生方が発表を予定しています。

開催日:2022年10月15日(土)

会場:福岡大学病院 福大メディカルホール

〇「動脈硬化からメタボリックまで~種々の動物モデルを用いた病理学的検討~」

山田壮亮教授

〇「Acupuncture on ST36, CV4 and KI1 Suppresses the Progression of Methionine- and Choline-Deficient Diet-Induced Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Mice」

韓佳 助教

〇「Acupuncture improved lipid metabolism by regulating intestinal absorption in mice」

韓佳 助教

2022年9月4日(日)

病院病理部 川上 麻里絵 技師が第38回日本臨床細胞学会北陸連合会学術集会にて発表されました。

演題名:ROS1融合遺伝子陽性の若年発症肺腺癌の1例

2022年9月4日(日)

病院病理部 津幡裕美 技師が【第38回日本臨床細胞学会北陸連合会学術集会にて 谷本一夫賞 論文部門】を受賞しました。

        

2022年8月3日(水)

臨床病理学 韓佳助教の症例報告

"Recurrent malignant phyllodes tumor of the breast: An extremely rare case of recurrence with only rhabdomyosarcoma components”

がSAGE Journals誌に公開されました。

2022年7月30日(土)

臨床病理学 韓佳助教が 【第8回 明日の呼吸器疾患を考える会in鞍月】にて

演題「Overexpression of PRDX4 Modulates Tumor Microenvironment and Promotes Urethane-Induced Lung Tumorigenesis」を

発表されました。

2022年10月16日(日)

臨床病理学 韓佳助教が第47回日本東洋医学会北陸支部例会にて

【研究(活動)テーマ:「鍼治療の腸管からの脂質吸収抑制効果に関する基礎的研究」】で2022年度日本東洋医学会北陸支部奨励賞を受賞されます。

2022年7月9日(土)

臨床病理学 塩谷晃広 講師が【研究テーマ:乳癌病理診断における効率的なリンパ管侵襲所見検索法の検討と予後との比較】

で金沢医科大学北辰同窓会研究奨励賞を受賞されました。


同日 第88回日本病理学会中部支部交見会にて

臨床病理学 塩谷晃広 講師が【右肺上葉に発生した spindle cell carcinoid tumor の一例】を発表しました。

2022年7月23日(土)

臨床病理学 韓佳助教が第28回金沢医科大学会論文表彰にて表彰されます。

                                      

2022年10月15日(土)

中性脂肪学会 第5回学術集会が開催されます。

            

会場: 福岡大学病院 福大メディカルホール 及び WEBライブ配信によるハイブリッド方式

会長: 小林 邦久(福岡大学筑紫病院 内分泌・糖尿病内科)

副会長: 山田 壮亮 (金沢医科大学 臨床病理学)、安野 哲彦(福岡大学 腎臓 膠原病内科)

テーマ「健康100年を目指す中性脂肪学 -九州・沖縄からのメッセージ-」

2022年10月1日(土)~10月31日(月)第2回中性脂肪月間(2022)

会場: WEB開催(オンデマンド配信)

会長: 財満 信宏(近畿大学 農学部応用生命化学科)

テーマ「中性脂肪を学ぶ 生活に使える知識から最先端研究まで」

病院病理部 大兼政良育 技師が第63回日本臨床細胞学会春期大会にて発表されます。

会期:2022年6月10~12日

発表形式:示説

演題名:化生癌であった乳腺穿刺吸引細胞診の1例

臨床病理学 塩谷晃広講師の症例報告"Recurrence of gastric adenocarcinoma of fundic-gland mucosa type with black spots after endoscopic submucosal dissection and oral proton pump–inhibitor discontinuation"が、Pathology International誌に受理されました。

病院病理部 高田麻央 技師らによる症例報告”A surgical case of high-grade urothelial carcinoma of the renal pelvis complicated with giant hydronephrosis, giving rise to diagnostic difficulties on a cytological examination”

が Diagnostic Pathology誌に受理、公表されました

第111回 日本病理学会総会で当教室の先生方が発表を予定しています

会期:2022年4月14日(木)~16日(土)

会場:神戸コンベンションセンター

            

〇「非アルコール性脂肪性肝炎における海藻抽出物ゾナロール (Zonarol) の治療効果と肝臓の保護作用」

「Zonarol Protected Liver from Nonalcoholic Fatty Liver Disease in a Mouse Model」

韓佳 助教

           

〇「診断に苦慮した Glioblastoma with a primitive neuronal component の一例」

「A case of glioblastoma with a primitive neuronal component difficulty in diagnosis」

熊谷泉那 助教

            

〇「唾液腺ワルチン腫瘍における濾胞性ヘルパーT 細胞とヘルパーT 細胞 1 型の役割」

「The potential role of follicular helper T cells and helper T cells type 1 in Warthin tumour」

小林義明 院生

            

〇「左上腕不全切断後に急性の経過を辿った壮年男性の一剖検例」

「An autopsy case of incomplete amputation of traumatic left upper arm with aggravated clinical course」

劉水策 院生

            

〇「ペルオキシレドキシン 4 はマウスの加齢による創傷治癒遅延を改善する」

「Peroxiredoxin 4 improved aging-related delayed wound healing in mice」

山口礼門 助教

            

〇「肝芽腫における perilipin-2 の発現の違いとその予後との関連について」

「The differential expression of perilipin-2 in hepatoblastoma and its association with prognosis」

塩谷晃広 講師

金沢医療センター臨床検査科科長 黒瀬望先生と山田教授が分担執筆した新刊著書「キャッスルマン病、TAFRO症候群」がフジメディカル出版より発行されました。

(担当ページ155-159、168-170)

皮膚科学・臨床病理学大学院生 山口礼門先生が令和3年度金沢医科大学大学学長賞を受賞しました。

【論文題目】

PRDX4 Improved Aging-Related Delayed Wound Healing i Mice

(ペルオキシレドキシン4はマウスの加齢による創傷治癒遅延を改善した)

【投稿雑誌名】

Journal of Investigative Dermatology Impact Factor : 7.143

【著者】

山口礼門(環境皮膚科学)

頭頸部外科学・臨床病理学大学院生 高岡勇稀先生の論文 「PRDX4 potentially predicts the postoperative outcome in advanced papillary thyroid carcinoma」がendocrines誌に掲載されました。

2022年3月20日(日)に開催予定の第47回石川県医学検査学会において、

金沢医科大学病院 病院病理部 小林朱実技師が「当病理部におけるインシデントの傾向と課題」について発表予定

第37回日本臨床細胞学会北陸連合会 論文部門において、

金沢医科大学病院 病院病理部 寺内利恵技師長の論文「Intracytoplasmic Lumen in Urine Cytology Predicts Worse Prognosis in Non-Muscle-Invasive Bladder Cancers」が谷本賞を受賞しました

2022年3月6日(日)第38回石川県臨床細胞学会学術集会において、

金沢医科大学病院 病院病理部 大和茉琴技師が「肋骨部に転移した肝細胞癌の 1 例」について発表予定

第18回医学部講座主任による学内プレゼンテーションの開催について

日時:令和4年2月24日(木)16:30~(医学部教授会終了後)

2022年2月12日(土)第20回 泌尿器細胞診(別府)カンファレンスにおいて、

金沢医科大学病院 病院病理部 高田麻央技師がスライドカンファレンス症例「巨大水腎症に合併し細胞診断に苦慮した腎盂高異型度 尿路上皮癌の1例」について発表予定

2022/01/01付で、塩谷晃広先生が臨床病理学の講師、病院病理部の副部長に昇任されました。