後期研修医募集情報

1.プログラムの名称

金沢医科大学病院 皮膚科後期研修プログラム

2.プログラムの目的と特徴(科の特色、特徴など)

当院は金沢近郊の内灘の地にあり、石川県北部の基幹病院として能登半島をはじめ、金沢市、加賀地方、富山県西部から広く患者が集まる地域医療の拠点であります。皮膚科の研修は、のんびりとした一方で厳しさもある北陸の地で、じっくりと時間をかけて医師としての研鑚を積むことができます。得てして研修は時間に追いまくられ、次々に訪れる患者をこなしていくだけで精いっぱいになりがちです。しかし、ここでは自分のペースで、自分を見つめなおし、語り学びあいながら医療に向き合い、真の皮膚科医として実力をつけることのできる研修施設と思います。

医局は地方私立医科大学の小医局らしく、学閥のない家庭的な穏和さと、風通しのよさが特徴です。1つ1つの症例に向き合い、考え悩み独習し、同僚に援助を受け、先輩に教えを乞い、診断し治療に移る時間と気持ちの余裕がここにはあります。回診や症例カンファレンスにおいても、指導医が意見を押し付けるのではなく皆が意見を出し語り合う場を作り上げています。そのため、研修医でも自らがきちんと調べ、EBMに基づいた意見であれば積極的に取り入れられます。昼食時間には医局で飲食を共にし語り笑いあう居心地の良い医局の雰囲気は、医療者としての人格形成にも必ずや良い影響を与えることでしょう。

基幹病院である当院には北陸各地から症例が集まり、都会では見ることのできない希少疾患に遭遇することが多く、他では得られない臨床経験ができるのは論を待ちません。

一方で、その立地条件から多くのcommon diseaseの患者さんも受診されます。そのため後期研修では専門に偏向するのではなく、皮膚科外来業務を中心に皮疹の見る目を養うことです。まずは皮疹を正確に記載できるようになるとことから始めます。次にcommon diseaseの患者さんに多く触れ、治療し経過を追うことが重要です。近年では、大学病院の専門性が高くなるあまり、従来common diseaseごく当たり前に行われていた検査をしなくなる若い医師が増えているようです。大学病院の研修であってもまずは基本的な部分の習得に時間をかけることにより、将来病院勤務医であろうと開業医であろうと必要な実力がつくことでしょう。また、特殊外来として、真菌外来、乾癬外来(光線治療外来)、褥瘡外来、IPL、にきび外来(ケミカルピーリング外来)を行っています。 時代の流れから美容皮膚科方面への取り組みも行っていますが、あくまで一般皮膚科が主体であります。

研究のメインテーマである皮膚真菌症について、当教室は全国で数少ない臨床と基礎とを兼ね備えた真菌研究機関です。皮膚真菌学は、治療や情報提供のニーズは非常に多い分野にもかかわらず、近年皮膚科医の真菌症への関心は低く、それを研究している皮膚科の教室は全国で稀少です。そのような状況の中で当教室はこの分野での実績は高く認知され、特筆すべき存在となっています。真菌の臨床分離の依頼検体が全国から集まり、 研究室では分子生物学的な研究がすすんでいます。

3.プログラム指導者と参加施設の概要

プログラム指導者金沢医科大学皮膚科学講座主任 望月 隆教授
主研修施設金沢医科大学病院 皮膚科
研修施設金沢医科大学氷見市民病院 皮膚科(富山県氷見市)
恵寿総合病院 皮膚科(七尾市)
金沢有松病院 皮膚科(金沢市)

5.本プログラムについて

4名

4.定員

本プログラムは3年間で構成されています。このプログラムは、臨床能力と人格優れた皮膚科臨床医を育成するためのプログラムです。皮膚科臨床医として欠くことのできない基礎知識、臨床知識、診療技術、検査・手術技術を習得するのが本研修プログラムの目標です。本院は日本皮膚科学会専門医主研修施設に指定されており、日本皮膚科学会入会後5年を経過した後には、日本皮膚科学会認定専門医試験の受験資格を取得することができます。本プログラム中に専門医獲得に必要な症例、学会発表、論文などを揃えられるよう支援します。

6.研修の概要

当科での研修中に、毎日の診療で遭遇する疾患を通して幅広い臨床能力を身につけ、診断・治療はもちろん安全管理や診療態度を身につけることを目指します。そして日本皮膚科学会認定専門医取得に足る実力を養成し、受験資格に必要な学会主催講習会への参加機会を与えます。

週間スケジュールとしては、火曜及び金曜日に病棟回診、火曜午後からは症例カンファランスで各症例を検討します。研修中は極端に専門領域に偏らないように、皮膚科全般に均等な実力をつけられるよう指導します。

臨床実地能力の向上と地域医療を学ぶために関連病院での研修を行うこともあります。また、皮膚科医としての技量を高める目的で、関連領域のローテーションの希望があれば、関係科との調整を行う用意があります。


1年目当病院の医員として、多数の指導スタッフのもとで基本知識(病態、検査、診断、治療)と基本手技(外来処置、手術介助)を習得します。また、 学会発表・論文執筆を専門医の指導の下で研修します。
2~3年目本大学病院あるいは教育関連施設で研修を行います。 希望があれば他施設への出向、基礎科との研究に従事する事も可能です。
研修終了後プログラム終了後は、日本皮膚科学会認定専門医の受験を目指します。また、それぞれがsubspecialtyを持つことを目標とします。

学位取得を希望する場合は、初期研修2年次より大学院に入学することができます。現在の主要研究テーマは医真菌学で、大学、他施設での研修ならびに国内外でのより高度な基礎的研究・臨床的研究、国内外への留学が可能です。また、これと皮膚アレルギーの関係を研究するテーマも選択可能です。大学院では臨床に貢献できるテーマの研究を行い、研究マインドを持った臨床医の養成に努めたいと考えています。


教育関連施設金沢医科大学氷見市民病院、恵寿総合病院、金沢有松病院(以上3施設は皮膚科専門医が常勤)、国立病院機構医王病院、宇出津総合病院、町立富来病院、国保志雄病院、河北中央病院、桜ヶ丘病院、国立病院機構七尾病院ほか

7.研修目標

皮膚科独特の主訴を持つ患者を理解し、心構えや態度の修練とともに、皮膚科専門医として必要な知識と技能を習得することを目的とします。さらに、医の倫理・チーム医療を実践するとともに、患者さんやご家族との信頼ある人間関係の構築ができる人格形成も目標とします。

8.連絡先

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1  金沢医科大学皮膚科学教室
電話076-218-8141
メールアドレスdermat@kanazawa-med.ac.jp