• このサイトについて
  • 金沢医科大学HOME

学友会会長挨拶

 金沢医科大学学友会ホームページをご覧になって頂いている皆様、初めまして、金沢医科大学学友会会長の橋本真典です。
この度は当ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。


 さて、ホームページをご覧になっている皆様は、新入生や保護者、また本大学に興味を持って頂いている受験生の方などたくさんの方だと思います。その様な皆様にどんなことを伝えようかなと思ったところ、やはり金沢医科大学の素晴らしさをアピールしようということで、書かせて頂きます。最後まで、お読み下されば幸いです。


 金沢医科大学の良さを一つの言葉で表すと『何事も距離が近い』ということです。どういうことかと言いますと、①学生と学生の間の距離が近い②学生と先生の距離が近い③学校からラーメン屋の距離が近いという3点に集約されます。一つ一つご説明致します。


 まず①の学生と学生との距離が近いということですが、本学には医学部と看護学部しか存在していないため、すぐ顔見知りになり、すぐ仲良くなることが出来ます。これは、将来医学部、看護学部共に国家試験の合格率に繋がります。これはピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、国家試験において、国試受験は学校単位の団体戦なのです。学校の学年の仲の良さが国家試験の合格率を左右しています。そこで、私達の先輩方の国家試験合格率を振り返ってみます。医師国家試験新卒96.7%、看護国家試験98.5%と両学部共に非常に素晴らしい合格率を誇っております。これは、それだけ学生同士の仲の良さが団結力となって数字に表れているということです。将来を心配されている保護者の方や受験生、はたまた新入生の皆様には何の心配することはありません。本学で友人を作り、国家試験を通ることは普通に学校単位の生活を送れば成し遂げることが出来ます。


 ②の学生と先生の距離が近いということですが、これは他の大学にない特筆すべきことだと思い書かせて頂きました。本学では、学生と先生の距離が近いです。はっきりと言いましょう。ここまで学生と先生の距離が近い大学は本学だけだと思います。まず、先生がとても教育熱心な先生ばかりなので、学生の意見にしっかりと耳を傾けて下さります。出来の悪い学生がいたら、個人的に補講をして下さる先生もいます。また、学生が学長や学生部長などの役職のある先生方に直接意見を言える会があります。この会は全校生徒参加は可能で、毎年会場がいっぱいになる程の学生が参加し、先生方に直接学校に対する要望を伝えております。学生の意見を直接学長へと伝えれる大学は全国見渡してもそうないでしょう。


 ③の学校とラーメン屋が近いということですが、ここはちょっと無理矢理でしたね。何を伝えたかったと言いますと、環境が素晴らしいと言いたかったのです。大分、無理があったことは認めます。本学は海に面しており、自然に恵まれております。試験前は遊ぶことなく勉強に勤しむことが出来、夏休みは海で楽しみ、冬休みは山でスキーやスノボードなど様々な楽しみ方が出来ます。また、金沢にはとても美味しいラーメン屋さんがたくさんあります。それも一つ強くお伝えしようと思います。


 以上の3点をまとめると『距離が近い』という言葉に集約されるのです。他にも、まだまだ本学の魅力はたくさんあります。活発に活動している委員会や部活、そして学園祭。全て学生が一人一人、持ち前の仲の良さで協力し合い、活動しております。その活動の詳しい様子などは、本ホームページに記載されておりますので、ご覧頂ければと思います。
最後まで読んで下さってありがとうございます。最後になりましたが、当ホームページの作成に協力して頂いた多数の方々とご覧になって頂いてる全ての皆様に厚く御礼申し上げます。そしてこれからの金沢医科大学及び学生がともに成長し、多くの方々と金沢医科大学が繋がり関わっていけるように願いを込め、ご挨拶とさせて頂きます。



金沢医科大学学友会第45期
学友会 会長
橋本 真典