平成28年度 金沢医科大学氷見市民 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 69 48 32 58 118 170 531 846 1240 366
氷見市は人口に占める65歳以上の方の割合が約35%と高齢化が非常に進んでおり、当院の退院患者数もそれを反映しています。80代の患者さんが最も多く、70代、60代と続きます。一方で90歳以上の方が回復して退院されることも多く、高齢の方が元気な都市と言えます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 37 20.84 21.25 21.62 83.89
100380xxxxxxxx 体液量減少症 18 5.39 9.33 0.00 82.72
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 14 3.14 5.24 0.00 77.36
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 14 26.07 17.95 7.14 85.71
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 13 13.77 13.60 0 86.23
総合診療科で最も多い入院患者さんは誤嚥性肺炎です。高齢者の割合が高く長期化しやすい疾患ですが、当院においては積極的にリハビリを行い、ほぼ全国平均と変わらない入院期間で退院しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 46 27.57 17.95 8.70 84.57
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置1 1あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 44 4.23 3.06 2.27 71.45
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術処置1 なし、1,2あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 22 9.91 4.71 0.00 76.36
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術処置1 なし、1,3あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 13 22.38 11.38 7.69 81.54
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 11 9.36 7.82 9.09 70.27
環器内科の多い入院患者さんは、心不全、狭心症・慢性虚血性心疾患です。こちらの平均年齢も高めです。
氷見市は漁港を有する漁師町で醤油を始めとする塩分の摂取量が多くなっています。それが循環器系疾患が比較的低年齢から発症する要因と考えられます。
症状が軽い場合はカテーテル治療により短期で在宅に復帰される方も多くおられます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 72 61.10 27.63 1.39 83.97
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 47 49.13 20.57 0.00 83.15
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 定義副傷病 なし 11 21.55 14.19 0.00 72.64
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 11 17.82 5.49 0.00 66.45
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病 なし 10 50.70 15.97 0.00 77.10
当院の整形外科で最も多い入院患者さんは大腿骨の骨折です。
高齢化が進む地域の中核病院であるため、平均年齢は80歳超と非常に高齢者の割合が高くなっています。
しかしながら、転院率は非常に低く、多くの方がリハビリを経て在宅へ復帰されています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 16 12.38 9.08 0.00 76.56
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術処置1 なし 手術処置2 1あり 10 36.60 30.58 0.00 79.20
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 10 10.50 7.61 0.00 62.50
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.57 0.00 -
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 - - 6.82 0.00 -
消化器外科で最も多い入院患者さんは、腸閉塞、腸の悪性腫瘍、胆管炎などです。加えて患者さんの平均年齢が高くなっています。
消化器外科は上記以外にも胃、肝臓、膵臓など診療内容が多岐にわたるため、件数が少なめになっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 あり 手術処置2 なし 24 3.79 3.68 0.00 77.92
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 21 27.76 14.83 14.29 83.57
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 18 32.61 21.25 16.67 85.22
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術処置2 なし 13 19.62 19.92 0.00 75.62
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし - - 12.35 - -
呼吸器内科で最も多い入院患者さんは、肺の悪性腫瘍です。患者さんの平均年齢が高く、入院期間も長めですが、化学療法、リハビリを併用し多くの方が在宅へ復帰されています。
3位、4位は肺炎・誤嚥性肺炎です。専門科でより重篤な方が多く入院されるため入院期間は長くなっていますが、リハビリの積極的な介入によって多くの方が在宅へ復帰されています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 25 23.84 21.25 20.00 86.52
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術処置2 なし 10 11.60 6.38 0.00 74.00
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.33 - -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.54 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
当院の内科は高齢者を専門に診察する「高齢医学科」の患者が主です。総合診療科や呼吸器内科などと比較しても更に平均年齢が高いため、誤嚥性肺炎の占める割合が非常に高くなっています。
他の診療科と比較すると他院転院する患者さんの割合が高めですが、リハビリと連携して在宅へ復帰できるように支援を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 16 5.31 7.52 0.00 74.44
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 13 55.38 19.35 7.69 66.15
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 11 17.73 11.83 0.00 74.64
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 7.12 - -
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.73 - -
脳神経外科で最も多い入院患者さんは、頭外内損傷です。続いて頭外内血腫、硬膜下血腫、てんかん、脳梗塞が多いです。
当院は高齢の患者さんが多く、入院期間も長くなっていますが、症状安定後早期からリハビリを開始することで多くの方が在宅へ復帰されています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術処置2 なし 14 15.21 9.02 0.00 73.36
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術処置2 なし 14 12.43 9.19 0.00 68.07
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 12 15.67 10.93 0.00 76.08
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術処置1 なし 手術処置2 なし - - 8.70 - -
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 11.00 - -
消化器内科で最も多い入院患者さんは胃の悪性腫瘍です。当院では、早期のポリープ(悪性)に対しては内視鏡を使用した切除術を行っています。患者さんの負担が小さく、短期間で退院することができます。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 40 2.28 3.34 0.00 71.85
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術処置2 なし - - 12.74 - -
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術処置1 なし、1あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 5.85 - -
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術処置1 なし、1,3あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 11.38 - -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 17.95 - -
心臓血管外科で最も多い入院患者さんは、静脈・リンパ管疾患です。当院では、下肢静脈瘤のレーザー治療を行っており、従来の手術と比較して患者さんの負担が小さく短期で退院できます。
2位以下では大動脈瘤や不整脈が上がっていますが、当院の外科系診療科は専門分野に関わらず多岐にわたる疾患を受け持つため、件数が少なめになっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 14 23.21 21.25 21.43 85.71
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 11 10.73 12.84 0.00 71.00
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 10 19.60 17.97 10.00 67.40
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 2あり 定義副傷病 なし - - 9.32 - -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 17.95 - -
当院の腎臓内科では、人工透析を行っています。人工透析を導入する際に「シャント」と呼ばれる血管を作成しますが、長期にわたって透析を続けるとシャントに血の塊ができて目詰まりを起こすことがあります。そのつまりを取り除くための入院が多くなっています。また、平均年齢が高いため、誤嚥性肺炎の占める割合が非常に高くなっています。患者さんの平均年齢は高めですが、全国平均よりも早期に自宅へ退院されています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 50 9.20 8.96 0.00 74.78
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 15 11.07 11.97 0.00 64.20
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術処置1 なし - - 11.28 - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術処置1 なし - - 4.28 - -
080005xx99x1xx 黒色腫 手術なし 手術処置2 1あり - - 9.98 - -
皮膚科で最も多い入院患者さんは帯状疱疹です。平均年齢は高めですが全国的な平均と変わらない入院期間を達成しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2 なし 12 2.25 5.50 0.00 5.92
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 9.36 - -
040130xx99x0xx 呼吸不全(その他) 手術なし 手術処置2 なし - - 11.46 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術処置2 なし - - 19.24 - -
040100xxxxx00x 喘息 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 6.42 - -
小児科ではウィルス性腸炎で入院される方が最も多くなっていますが、2番目から5番目の疾患とほぼ差がありません。小児科は受診する方の疾患が多岐にわたるため上位の疾患であっても件数が少なくなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置1 なし 手術処置2 なし 14 6.00 7.44 0.00 80.93
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術処置1 なし 定義副傷病 なし - - 5.83 - -
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - 9.98 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.43 - -
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 - - 5.75 - -
泌尿器科で最も多い疾患は膀胱腫瘍です。高齢化が進む地域の中核病院であるため患者さんの平均年齢は高めですが、全国平均よりも入院期間が短く、転院率も低くなっています。また、高齢者男性に多い前立腺肥大症が第3位に上がっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - 9.37 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.50 - -
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.47 - -
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり - - 7.75 - -
扁桃炎、難聴、副鼻腔炎が上位に上がっています。耳鼻咽喉科の患者さんは様々な年齢の患者さんが入院されるため、当院診療科の中では、患者さんの平均年齢は低くなっています。入院期間も比較的短く、自宅へ退院される患者さんが多くなっています。
内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術処置2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 14.61 - -
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術処置2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 14.91 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 21.25 - -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.54 - -
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術処置2 なし - - 6.38 - -
内分泌代謝科で最も多く入院される患者さんは糖尿病です。高齢の入院患者さんが多いため、肺炎の患者さんを受け持つこともあります。また、糖尿病は他の疾患と合併することが多いため、他の診療科で入院されている方の糖尿病のコントロールを行うこともあります。そのため、他の内科系診療科と比較すると直接の入院患者数は少なめになっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.54 - -
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.18 - -
010060x2990200 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.23 - -
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 13.92 - -
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし - - 18.04 - -
神経内科で最も多い患者さんは、脳梗塞です。当院は高齢の患者さんが多く、入院期間も長くなっていますが、症状安定後早期からリハビリを開始することで多くの方が在宅へ復帰されています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.40 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 - - 2.91 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.61 - -
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - 10.53 - -
020210xx01x0xx 網膜血管閉塞症 増殖性硝子体網膜症手術 手術処置2 なし - - 11.66 - -
眼科で最も多い疾患は結膜の障害となっていますが、最も多い患者さんは、DPCでは算定を行わない「白内障」です。DPC算定ではないため、表には掲載されていませんが、1泊2日でほぼすべての方が退院されています。当院は高齢の患者さんが多いため、月に40~50件程度の白内障手術が行われています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 15 - - - 11 - 1 7
大腸癌 - - 14 - 15 11 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - 15 38 - 1 6.7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、胃癌・肺癌の患者さんを多く診療しています。特に、胃癌・大腸癌・肺癌の患者さんが多くなっています。 
どの部位の癌も、手術や抗がん剤での治療、緩和ケアなど、患者さんの状態や社会的背景等を考え、それぞれの患者さんに応じた治療が提供できるよう努めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 23 11.83 41.52
中等症 94 17.61 81.52
重症 31 23.19 85.19
超重症 - - -
不明 - - -
全国の傾向と同様に高齢者の患者さんの割合が多くなっています。特に、「中等症」以上の患者さんでは、平均年齢が80歳を超えており、高齢になればなるほど、肺炎が重症化する場合が多くなっております。また、平均在院日数も長くなる傾向にあります。抗生剤などの適切な治療を速やかに提供できるよう努めています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 19 8.16 76.47 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 118 44.12 77.41 10.29
その他 18 61.56 76.83 0.74
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞と診断された方の多くが、発症後3日以内の急性期となっています。発症後早期に治療が開始され、リハビリテ-ションを実施することで合併症や後遺症の発症をを防ぐように努めています。また、当院での急性期治療終了後は、自宅や介護施設へ退院できるように取り組んでいます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 282 0.00 1.00 0.00 78.34
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの - - - - -
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの - - - - -
最も多い手術が白内障に対する眼内レンズを挿入する水晶体再建術です。症例数は、年間約300件実施しております。
入院は、通常1泊2日です。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 など 54 0.00 1.00 0.00 71.13
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 21 1.24 7.24 0.00 74.76
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 2.30 8.05 0.00 61.80
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 16 6.19 26.38 0.00 77.69
K7181 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの など - - - - -
最も多い手術が内視鏡を用いて行う大腸(結腸)ポリープ切除術です。消化器内科と共に両科で年間約200件です。
入院は、通常1泊2日です。当科では、2番目に鼠径ヘルニアの手術、続いて腹腔鏡を用いて行う胆嚢摘出術が多くなっています。
鼠径ヘルニアと胆嚢の手術の入院日数は、10日ほどです。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) など 68 8.79 46.47 1.47 83.18
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 など 31 5.52 26.10 0.00 67.10
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 など 26 9.19 47.08 0.00 80.69
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 16 5.31 30.75 0.00 60.63
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 など - - - - -
最も多い手術が骨折に関するものです。高齢者の骨折手術が多くなっており、手術後リハビリを実施し、退院となります。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 など 123 0.37 1.32 0.00 68.16
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 など 14 2.00 1.36 0.00 69.71
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 - - - - -
K6531 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜切除術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
最も多い手術が内視鏡を用いて行う大腸(結腸)ポリープ切除術です。消化器外科と共に両科で年間約200件です。
入院は、通常1泊2日です。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 42 0.29 1.02 0.00 72.10
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 13 1.92 12.31 7.69 77.69
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 - - - - -
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) - - - - -
最も多い手術が、下肢静脈瘤の手術です。手術はレーザーを使用した手術となっております。入院は通常1泊2日です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの など 26 2.23 7.54 0.00 75.58
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 など 16 7.19 36.88 6.25 82.38
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの など 12 0.00 33.83 0.00 65.67
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの - - - - -
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
最も多い手術が、経皮的冠動脈ステント留置術です。また、ペースメーカー移植術が2番目に多くなっております。経皮的冠動脈形成手術、経皮的冠動脈形成手術は心臓カテーテルを用いた手術となっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの など 15 0.87 4.33 0.00 80.80
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの など - - - - -
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの - - - - -
K7981 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術 など - - - - -
最も多い手術が、膀胱悪性腫瘍手術です。開腹をせずに内視鏡を用いて行われる手術が多く行われています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 16 7.25 23.06 6.25 75.63
K1781 脳血管内手術 1箇所 - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの - - - - -
K178-31 経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術 頭蓋内脳血管の場合 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
最も多い手術が、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。頭蓋骨の下にある脳を覆っている硬膜と脳との隙間に血(血腫)が貯まる病気で、頭蓋骨に穴を開け、血腫を洗い流す手術です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 30 0.03 1.07 0.00 71.17
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K270 虹彩光凝固術 - - - - -
最も多い手術が、経皮的シャント拡張術・血栓除去術です。シャントとは、静脈と動脈をつなぎあわせた血管のことです。透析を受けるなかで、血管がつまってしまう場合があり、その詰まりを除去したり血管を広げる手術です。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) など - - - - -
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K681 胆嚢外瘻造設術 - - - 0.00 90.00
最も多い手術が、胃ろう造設術です。なんらかの原因で、食事ができなくなった場合に、胃へ直接栄養を入れることができるようにする手術です。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K083 鋼線等による直達牽引 など - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
最も多い手術が、中心静脈注射用植込型カテーテル設置、胃瘻造設術です。食事ができなくなった場合に、血管内へ直接栄養を注入したり、胃へ直接栄養を入れることができるようにする手術です。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) など - - - - -
K047-3 超音波骨折治療法(一連につき) - - - - -
K083 鋼線等による直達牽引 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
最も多い手術が、胃ろう造設術です。なんらかの原因で、食事ができなくなった場合に、胃へ直接栄養を入れることができるようにする手術です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術II型(副鼻腔単洞手術) など - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 - - - - -
K342 鼻副鼻腔腫瘍摘出術 - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
最も多い手術が、内視鏡下鼻・副鼻腔手術です。内視鏡で手術を行うため、患者さんの負担が少ない手術です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上12センチメートル未満 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) など - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 - - - - -
最も多い手術が、皮膚・皮下腫瘍摘出術です。局所麻酔で手術が行われることが多く、入院期間は1泊2日・2泊3日が多くなっています。
内分泌代謝科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0453 骨折経皮的鋼線刺入固定術 鎖骨、膝蓋骨、手、足、指(手、足)その他 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
最も多い手術が、胃ろう造設術です。なんらかの原因で、食事ができなくなった場合に、胃へ直接栄養を入れることができるようにする手術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.06
異なる 13 0.37
180010 敗血症 同一 16 0.46
異なる 25 0.71
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 4 0.11
180040 手術・処置等の合併症 同一 44 1.25
異なる 3 0.09
手術・処置などの合併症・感染症の発生率を示しています。
どれも重篤な疾患の治療中に発生している合併症・感染症であり、少しでも発症しないように努めています。
更新履歴
2017.10.11
平均在院日数(全国)のデータを更新しました。