慢性閉塞性肺疾患COPD
― たばこが原因の重大な肺疾患 ―

 呼吸器内科 准教授 長内 和弘
 

1.  COPDという病気をご存知ですか? ― 膨大な数の患者さんがいます!

COPDはわが国では現在約22万人が治療を受けていますが、最近の疫学調査によると40歳以上の年齢では約8%(530万人)もの方がCOPDの病気をもっていることが分かりました。これらの方々の90%は軽症で無症状ですが、タバコを吸い続けるとだんだんと進行し、呼吸困難が出現し重症になります。しかし、病気そのものがまだ十分に知られていないため、症状があっても患者さんが歳のせい、体の衰えのためと思い込み、診療を受けていないのが現状です。COPDによって亡くなる方は年々増えており、世界的にも注目され、世界保健機構(WHO)がCOPDの予防・治療についてのステートメント(声明)を出して警鐘を鳴らしています。

 

2.  特徴的な症状は? ― 動いた時の息切れ!

「急ぐと息苦しい!息がつまる!いつも咳・痰がでる!」 あなたはどれぐらいタバコを吸ってきましたか? 1日の平均タバコ数(本)×喫煙年数=喫煙指数です。喫煙指数が400を超えた方は、肺がんのリスクだけでなくCOPDの可能性があります。逆に上記の症状があってもタバコをほとんど吸わない方は別の病気があると思われます。タバコ煙によって気管支や肺胞に慢性の炎症が起き、炎症が長年つづくことにより、ゆっくり進行して元に戻ることはなく、肺機能が徐々に低下します。やがて咳・痰が毎日でたり、肺胞が壊れて空気中の酸素を血液中に取り入れる力、体で生じた二酸化炭素を外に排出する力が弱まり、酸素欠乏、血液の酸性化をきたすようになります。こうなると少し体を動かしただけでも息切れを感じるようになります。息苦しさのため日常生活ができなくなったり、急激に症状が悪化する「急性増悪」をひんぱんに起こして、命にかかわることにもなります。

 

3.  原因は? ― タバコです!

COPDは複数の要因で発症しますが、主に喫煙量とタバコ煙に対する感受性を決める遺伝的要因のバランスで発症すると考えられています。健康な人でも歳をとるにしたがって肺機能が低下しますが、喫煙者でタバコ煙に感受性の人では1秒間に吐き出すことのできる空気量(1秒量)が急激に低下することが分かっています。この状態を気流閉塞と言います。1秒量は早く呼吸する能力を反映するため、気流閉塞が起きると運動するとき必要な早い呼吸ができなくなり、息切れを感じるようになります。

 

4.診断の流れは? ― 診察!レントゲン!肺機能検査!

喫煙歴、息切れや咳・痰などの症状の問診、口すぼめ呼吸やふくらんでビール樽状になった胸などの特徴的な身体診察によってある程度診断することができます。そして胸部レントゲン写真によって肺の膨張の程度、胸部CTによって肺胞破壊の程度、呼吸機能検査によって気流閉塞の程度を1秒量(FEV1)、1秒率(1秒量÷肺活量)の数値によって評価します。呼吸機能検査は思いっきり空気を吸い込んだ状態から一気に爆発的に最後まで息を吐き出すだけの検査で、慣れた人ですと数秒で終了します。

 

5.  治療は? ― 禁煙!吸入薬!酸素療法!

まだ喫煙している方はまずタバコをキッパリ止めましょう。喫煙はいくら治療を受けても病状を進行させます。患者さんは動くと息苦しさを感じるため、日常生活が著しく制限され、生活の質(QOLとも略します)が低下してしまいます。気管支拡張薬という薬を毎日1~2回吸入することで空気の通りがよくなり、息苦しさが軽減します。治療を怠っていると外出もできなくなったり、入浴や洗面なども息苦しくなって一人ではできなくなります。そうなると酸素療法という、細いビニール・チューブを鼻につけて酸素を補給する治療が必要になります。酸素をつけると一生、離れられなくなると心配して、治療を拒む患者さんがいらっしゃいます。しかし、酸素療法を受けた患者さんと受けなかった患者さんを比較した研究によると、受けた患者さんは明らかに入院回数が減り、寿命が延びることが分かりました。したがって酸素療法が必要な状態まで進行したら、やはり酸素をつけるしかないとあきらめていただくしかないと医者は考えます。


6.  生活上の注意は? ― かぜ予防!

もっとも重要なことは急性増悪を起こさないことです。これは徐々に進行する症状の変化とは別物です。主にかぜをきっかけとして年に何度も起こることがあります。咳・痰の増加、発熱、息切れの悪化がとつぜん起き、重症化すれば低酸素血症(酸欠)を起こし、呼吸不全によって命の危険がでてきます。急性増悪を経験すると、それが治ったあともそれ以前の肺機能の状態までは戻れず、その度に肺機能の低下が起きるという悪循環に陥り、大問題が発生します。したがってCOPD患者さんは、極力かぜには気をつけて欲しいものです。かぜを引いた人にはできるだけ近寄らないようにしましょう。小さなお子さんは保育園、幼稚園、学校でよく友達からかぜを貰ってくることが多いので注意してください。冬にインフルエンザが流行る前には予防接種を受けましょう。

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)