気管支喘息①診断

呼吸器内科

1.気管支喘息はどんな病気?

気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症により呼吸が苦しくなる状態(呼吸困難)が発作的に起こる病気です。また、咳が長引くことで病院に受診して診断されることもあります。発作が繰り返しておこるので治療が必要となります。喘息は説明の必要がないほどポピュラーな病気ですが、一言でいうと「喘鳴(ぜんめい;気管支が細くなったときに生じるヒューヒュー、ぜいぜいといった音)を伴った発作性の呼吸困難を起こす病気」です。

 

2.気管支喘息の原因

ひと昔前までは、その中心病態は気道平滑筋の攣縮(れんしゅく;けいれんして細くなっている状態)で、種々の刺激に対する気管、気管支の反応が亢進している状態(気道過敏性といいます)とされてきました。喘息は「慢性上皮はく離性好酸球浸潤性気管支炎」というわけです。気道局所に集積した炎症細胞から出た化学伝達物質は、さらに多くの炎症細胞を呼び寄せ、気道過敏性が亢進する、要するに喘息は「いろいろな炎症細胞が気道に集まって気道を過敏にした結果おこる炎症性疾患」であるということです。昔はけいれんして細くなった気管支を広げたり、粘っこい痰をとることが治療の主目的でした。しかし、炎症性疾患であるならば、炎症を抑えることが重要なはずです。この考え方の変化により治療法も変わり、現在では抗炎症剤であるステロイド(特に吸入剤)が中心的薬剤となっています。

 

3.気管支喘息の検査

喘息は、気道の過敏性が亢進し、可逆性の気道閉塞性障害(発作がないときには正常人とかわりないが一旦発作をおこすと気道が狭窄する)を特徴とします。その診断は大きくアレルゲンの検索と、気道の過敏性亢進や可逆性を証明する2つに分けられます。

1)アレルゲン検索

家族歴の有無、花粉症やアトピーの有無、症状が季節によって出現するかどうか、環境、住居、ペット、職業などを詳細に聴取し、アレルゲンを推定します。アレルゲンの確定には、皮膚プリックテスト、皮内テストといった皮膚テストが有用ですが、実際には煩雑であり、皮膚科やアレルギー科でもない限り、通常の呼吸器科で皮膚テストを行っているところは少ないと思います。かわってよく行われるのが、IgE抗体測定です。血液中の特異的なIgE抗体を測定するもので患者さんにとっても採血のみで負担も少ないため、当院でもよく行われています。頻度の高いアレルゲンをセットにして10種類程度を一度に測定するのが普通です。

2)肺機能検査

1秒量(FEV1)、1秒率(FEV1%)の低下で閉塞性障害を検出します。

1秒量は、1秒間でどれだけの空気をはくことができるかを示すもので、気道の閉塞時には当然減少します。β刺激薬を吸入すると、喘息なら気道が拡張するため、吸入前後で測定すると気道閉塞が可逆性かどうかの判定もできます。

3)気道過敏性検査

喘息患者は、正常人では全く大丈夫な極微量の気管支収縮物質のエアロゾルの吸入で発作をおこします。これが気道過敏性といわれるものですが、これをFEV1や気道抵抗で測定しようとする検査です。特殊な測定器械が必要で検査もやや煩雑、また発作を誘発する危険もあり、大学など喘息の専門機関でおこなわれることが多く、当院で施行することが可能です。

 

4.気管支喘息の診断

以上のような検査を総合して喘息と診断するわけです。アレルギー性の喘息は比較的診断しやすいのですが、感染性の喘息や、咳を主徴とするcough variant asthmaといわれるものはアレルゲンがはっきりしないことが殆どで、診断に手間取ることもあります。試しに気管支拡張薬を使ってみて、FEV1が改善することから喘息と診断することもあるわけです。

 

※ この続きは「気管支喘息②治療」をご覧ください。

 

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)