頭頸部がん治療

頭頸部・甲状腺外科教授 辻 裕之

 

 頭頸部・甲状腺外科とは、頭頸部がんの治療をおこなう専門科です。

 

1.頭頸部がんとは?

頭頸部がんとは、頭と目以外の首から上の領域、つまり耳、鼻、口、のど、頸部、顔面などに発生した「がん」のことです。これらの部位は「容貌」だけでなく話す、噛む、呼吸をする、飲み込むなど、ヒトがヒトらしく生活を送るためにきわめて「重要な機能」があります。さらに、におう、味わう、聴く、視るなどに関係する重要な「感覚器」がこの領域に存在します。

以下に主な頭頸部がんを列記します。

* 鼻・副鼻腔がん

* 唾液腺がん(耳下腺がん、顎下腺がん)

* 口腔がん(舌がん、歯肉がんなど)

* 咽頭がん(上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がん)

* 頸部食道がん

* 喉頭がん

* 聴器がん(外耳がん、中耳がん)

* 甲状腺がん

 

2.頭頸部がん治療の特殊性

がんそのものによって、またその治療のための手術で、大切な機能が損なわれることがあります。したがって治療に際しては、根治性を重視しながらできるだけ機能(とくに音声、嚥下、呼吸機能)を温存するよう配慮して、頭頸部がんの専門医が治療に当たります。

 

3.当科での治療の原則

1)「早期がん」に対しては、放射線治療や狭い範囲の切除で治療が可能です。この場合には発声、嚥下などの機能が温存できます。

 

2)「進行がん」に対しては、放射線治療、化学療法、外科的治療を組み合わせて治療をおこないます。現在、放射線治療と化学療法を同時に併用する化学放射線療法が効果的であるとされており、「集学的がん治療センター」で化学療法の専門医と協力しながら行っています。

進行がんの手術は、大きな切除になる場合が多く、術後機能や形態ができるだけ損なわれないように配慮することが大切です。

当科では、まず化学療法をおこない、治療効果を判定します。がんが完治あるいは完治に近い状態の場合は、外科的治療をおこなわず化学放射線療法を続けておこない、臓器を温存するような治療をします。また、効果の乏しい場合は、外科的治療をおこないます。切除により生じた組織欠損部には、そこに適合した血流の良い組織を身体の他の部分から移植することで切除後の機能低下を改善させます。

頭頸部領域には生命の維持と快適な生活を営むために重要な機能をもった臓器が多く存在していますので、がんの根治性のみならずできるだけ機能を温存し、患者さんの生活の質(QOL, Quality of Life)を重視した治療がきわめて重要です。

 

3)他の頭頸部がんと比べて特に予後の良好な甲状腺がんには外科手術を基本に内分泌療法や放射線療法を用います。外科手術では将来的な再発の可能性を考え全摘出か部分切除かを選択し、またサイズが1cm以下の微小がんについては患者さんの同意をえた上で、手術を行わずに経過観察することもあります。中にはがんが進行して隣の臓器へ浸潤することもありその場合は頭頸部がんの豊富な治療経験に基づいた拡大手術を行い、声帯麻痺を生じた場合は音声を重視して神経移植、リハビリテーション、音声改善手術を行っています。

甲状腺外科では甲状腺外科専門医の下出祐造講師が担当し、専門性の高い治療を目指しています。

 

4)セカンドオピニオンについては、本学頭頸部・甲状腺外科の辻 裕之教授が全国セカンドオピニオン協力医として登録しております。頭頸部がん治療についてのセカンドオピニオンをご希望の場合は、お申し出ください。

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)