婦人科がんの治療と成績

産科婦人科(教授) 牧野田 知


 1.婦人科がんとは?

女性の生殖器、すなわち外陰、腟、子宮、卵管、卵巣に発生する悪性腫瘍をいいます。どの場所にも癌や肉腫などの悪性腫瘍が発生する可能性はありますが、比較的多くみられるのは子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌の3種類です。発見時の進み方によって0期もしくはⅠ期からⅣ期にまで分類されており、治療方法は進行期に応じて異なり、手術療法、放射線療法、抗がん化学療法を組み合わせて行います。

 

  2.子宮頸癌とその治療方法は?

子宮の出口の部分(頸部)にできる癌です。扁平上皮癌と腺癌の2種類があり、その比率は7:3です。症状は性器出血、特に性交後の出血ですが、その症状がでるのはI期の後半からです。それ以前は無症状であることが多いのですが、さいわい子宮の出口をこすって細胞をみる子宮頸癌検診を行うことにより0期やそれ以前の時期に発見することができます。扁平上皮癌の原因としてはヒトパピローマウイルスの感染が注目されていますので、性交渉をもつようになったら年齢に関わらず毎年子宮頸癌検診を受けましょう。30~50歳代に多い癌ですが、最近は10代の報告もまれではありません。当科での治療方法は、

0期~Ⅰa期: 今後の妊娠を希望する場合      子宮頸部円錐切除術
                  今後の妊娠を希望しない場合   腟式単純子宮全摘出術

Ⅰb期:         広汎性子宮全摘出術+骨盤ならびに傍大動脈リンパ節郭清術

Ⅱ 期:        広汎性子宮全摘出術+骨盤ならびに傍大動脈リンパ節郭清術
                  その後放射線療法

Ⅲ期~Ⅳ期:   放射線療法

を原則としますが、年齢、腺癌、腫瘍の大きさなどによっては抗がん化学療法を併用することもあります。

 

 3.子宮体癌とその治療方法は?

子宮の奥の方(体部)にできる癌で、ほとんどが腺癌です。症状としては性器出血ですが、閉経の前後に多いため月経の異常と思って見逃されていることも少なくありません。子宮体癌検診で早期発見が可能ですので、40歳代後半からは子宮頸癌検診に加えて子宮体癌検診も行う方がいいでしょう。当科での治療方法は、

Ⅰ期:拡大子宮全摘出術+両側付属器摘出術+骨盤ならびに傍大動脈リンパ節郭清術、
        その後抗がん化学療法6コース

Ⅱ期:広汎性子宮全摘出術+両側付属器摘出術+骨盤ならびに傍大動脈リンパ節郭清術、その後抗がん化学療法6コース

Ⅲ期~Ⅳ期:抗がん化学療法

を原則とします。ほとんどの場合、Ⅱ期までにみつかることが多いのが不幸中の幸いといえましょう。

 

 4.卵巣癌とその治療方法は?

卵巣にできる癌で、組織の形はさまざまな種類があります。卵巣はお腹の中にあるので、症状は卵巣が相当大きくなったり、腹水がたまってお腹がでてきたりするまで、無症状であることが多いものです。したがって、早期発見のためには子宮頸癌検診などの際に病院で超音波検査をしてもらう方がいいでしょう。

当科での治療方法は

Ⅰ~Ⅲ期:拡大子宮全摘出術+両側付属器摘出術+骨盤ならびに旁大動脈リンパ節核出術、その後抗がん化学療法6コース

Ⅳ期:抗がん化学療法を原則とします。ほとんどの場合、Ⅲ期でみつかるため婦人科がんの中では治りにくい方に入ります。

 

5.当科での治療成績は?

当科で1998年以降に治療した各婦人科がんの2008年6月の成績を示します。なお、成績はあくまでも上に示した当科の標準治療を完遂できた症例のみで、患者さんのご希望で他の治療法を選んだ場合などは含まれておりません。

子宮頸癌の5年生存率はⅠ期100%、Ⅱ期78%、Ⅲ期52%、Ⅳ期0%です。我が国の標準的な成績と比べるとⅣ期は悪いですが、他の期では十分いい成績を示しています。最初にも述べましたが、子宮頸癌は定期的な検診で癌になる前の前癌状態の段階でみつけることができ、Ⅰa期以前では治療後に妊娠し、お子さまを設けることも可能なので、性交渉を経験したら定期的な子宮頸癌検診をぜひ受けるようにして下さい。

子宮体癌の5年生存率はⅠ期100%、Ⅱ期100%、Ⅲ期53%です。Ⅰ期とⅡ期は、大変いい成績です。現在の人口構成では体癌の好発年齢が多いために、今後も多くの症例が増えることと思われます。

卵巣癌は症例数が少なく、発見がどうしても他のがんより遅くなるため、受診後治療を完遂できないことが多く、この点が問題です。治療が完遂できた例のみではⅠ、Ⅱ期は100%、Ⅲ期は50%ですが、婦人科がんでは最も苦労する疾患です。

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)