白血病

血液・リウマチ膠原病科 特任教授 福島俊洋

 

1. 白血病とは

われわれの血液中には白血球(免疫を担当する)、赤血球(酸素を運ぶ)、血小板(出血を止める)の3つの血球成分が存在します。これらは骨のまん中の赤い部分(骨髄)で作られます。骨髄には白血球・赤血球・血小板のもとになる細胞(造血幹細胞)があり、この造血幹細胞が悪性化(がん化)したものが「白血病」です。悪性化(がん化)した造血幹細胞(=白血病細胞)が本来健康ならばリンパ球になる細胞の場合「リンパ性白血病」、それ以外の細胞(リンパ球以外の白血球、赤血球、血小板)の場合「骨髄性白血病」の病名がつきます。また、白血病細胞が成熟できずに芽球と呼ばれる幼若な細胞が主体である場合「急性白血病」、成熟能を保ち一見正常な細胞が増加するものを「慢性白血病」と言います。したがって「急性リンパ性白血病」、「慢性リンパ性白血病」、「急性骨髄性白血病」、「慢性骨髄性白血病」の4つに大別することができます。

 

2. 症状

「急性白血病」では正常な造血は著しく抑えられます。そのため、貧血となり動悸・息切れを感じる、疲れやすい、血小板が減って出血しやすい、血がとまらないなどの症状が出ます。白血球は増えている場合も減っている場合もありますが、正常な白血球は減りますので抵抗力が無くなり感染症を起こしやすくなります。「急性白血病」で熱が出やすくなるのは多くは感染症のためです。一方、「慢性白血病」では一見正常な細胞が増加し症状は少なく、健康診断などで偶然見つかることも少なくありません。

 

 

3. 治療

「急性白血病」では寛解を目指して短期間に複数の抗癌剤を使用する「多剤併用化学療法」を行います。使用する薬剤は病型により異なります。「寛解」とは白血病細胞が減少し正常造血を回復した状態です。成人では急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病とも70-80%の患者さんが寛解となります。一方、寛解になっても1回の治療では多数の白血病細胞が残っており、完治を目指すにはその後も治療を続ける必要があります。治療の効きやすさは「染色体異常」に最も影響されます。治りやすい染色体異常の場合、化学療法を数回繰り返します。治りにくい染色体異常では血縁の方から、あるいは骨髄バンクをとおして骨髄など「造血幹細胞」の提供を受ける「同種造血幹細胞移植」を考えます。なお、ここでいう「染色体異常」は親から受け継いだ「染色体」ではなく、白血病の発症に際し白血病細胞のみに出現した異常であり、遺伝するものではありません。

「慢性骨髄性白血病」は無治療では5年ほどの間に急性白血病に移行すると言われており、そうさせない事が治療の第一目標です。現在メチル酸イマチニブという薬剤が第一選択で、ほとんどの患者さんの血球数が正常化し、80%近い患者さんでは慢性骨髄性白血病の原因であるフィラデルフィア染色体が消失するほどの効果が認められています。

「慢性リンパ性白血病」は経過が非常に緩徐なこともあり、無治療で経過観察されることも少なくありません。

 

4. 治癒について

「急性白血病」は化学療法単独でも十分治癒可能な病気の一つです。しかし、全ての方が化学療法で治癒するまでには至っていません。化学療法単独では治癒が困難であると予測される場合は「同種造血幹細胞移植」も検討します。

「慢性骨髄性白血病」ではメチル酸イマチニブの出現により予後は劇的に改善されました。しかし21世紀になって使用が始まったばかりの薬剤であり、どのくらいの治癒を望めるか、「同種造血幹細胞移植」とどちらが優れているかなどについては、今後の検討を待たなければなりません。

 

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)