1. Home
  2. 部長・副部長からのメッセージ

部長・副部長からのメッセージ

臨床研修センター部長 宮澤 克人(みやざわ かつひと)


臨床研修センター部長
宮澤 克人(みやざわ かつひと)
教授、泌尿器科科長

本院での初期臨床研修は、大学病院ゆえにレベルの高い医療が実践できる事、立地条件から多くのcommon diseasesの患者さんの診療や地域に密着した医療を体験できる事、専門性の高い後期研修へスムースに移行できる事、そして指導医の年齢層が若く、話しやすい環境で研修できる事など、いくつもの特色を兼ね備えています。特に指導医は本学の学風をうまく引き継ぎ、とても開放的で、診療科の間の垣根、研修医との垣根、そして出身大学の違いを感じさせません。このような環境の中で、先輩の研修医諸君はのびのびと修練を重ねています。

当初は自信なげな、頼りなげな若い研修医諸君が、廊下や病棟で見かけるたびにぐんぐん立派になり、数年もたたないうちにこちらが教えを乞うようになる・・・このように皆さんの成長を目の当たりにできることに大きな喜びを感じています。

臨床研修センターは指導医・スタッフが一丸となって、皆さん一人一人の健やかで、実り多い研修を力一杯支援したいと考えています。

臨床研修センター副部長 飯沼 由嗣(いいぬま よしつぐ)


臨床研修センター副部長
飯沼 由嗣(いいぬま よしつぐ)
教授、感染症科科長

金沢医科大学病院にようこそ!

皆さんの前には、医師として無限大の可能性が拡がっています。

しかし無限大の可能性を前にして、きっと不安も感じていることでしょう。

心配ご無用。これはすべての医師が経験することですから。むしろ不安がない方が心配です。

いろいろな経験を積んでいくなかで、だんだんと不安がなくなり自信がついてきます。

医師として自信を持つのは大切です。なぜか?自信のない医者に自分がかかりたいと思いますか?

でも自信過剰にはならないように。少々の不安や疑問を克服する過程で自分の医療技術が向上します。また、それが研究のきっかけとなることもあります。

大学病院の良い点は、その不安や疑問を解決できる手段が豊富なことです。講演会や学会などに行かなくてもすぐそこに様々な分野の経験豊富な専門医が何人もいます。また図書館や電子ジャーナルなど自分で勉強する手段にも困りません。是非このような恵まれた環境を存分に生かして、充実した研修生活を送って下さい。そして自分の将来設計をじっくりと考えて下さい。

我々も、皆さんが充実した研修を送り、医師として一人立ちできるように全力でサポートしていきたいと思っています。

 

臨床研修センター副部長 堀 有行(ほり ありゆき)


臨床研修センター副部長
堀 有行(ほり ありゆき)
教授、医学教育学講座主任

医師国家試験に合格され、初回の医籍登録がなされた「医師」の皆さんは、これからの2年間は「指導医の元での臨床が可能な医師」となります。そして、2年の研修を終えた後、2度目の医籍登録が行われ「臨床医の免許」を受けることになります。

ご存知のように、Residentの意味は「居住者」であり病院(構内)に居住する医師です。もちろん、皆さんが、病院から出ることができないということではありませんが、患者さんのことはもちろん、すべてのスタッフを含めた病院の隅々を知ることができたときに、あなたは立派な「臨床医」に育っているはずです。私たちは、皆さんが「臨床医」になることを支援いたします。

 

臨床研修センター副部長 正木 康史(まさき やすふみ)


臨床研修センター副部長
正木 康史
(まさき やすふみ)教授、
血液・リウマチ膠原病科科長

6年間の大学生活を経て、金沢医科大学病院の初期臨床研修を志した諸君、ようこそ母校の研修へ。長い苦労の末、医師免許を得てほっとしているかもしれないが、今からの2年間が医師としての君たちの実力を決めてしまう。油断は禁物だ。

私の研修医時代、嘘のようだが1年目は5万円、2年目は6万円という給料だった。当時と比較しても意味はないが、君たちの給料は十分恵まれている。勿論よそを見れば、更に高額の給料で研修医を集めている研修病院もある事は承知している。しかし、それよりも母校に残った者のみ、得られるものの大きさを考えよう。先輩達から多くの知識と経験を学ぶ事ができる。後輩達と一緒に母校を盛り上げる事もできる。

もう一つ、自分の可能性を過小評価してはいけない。あの膨大な量の試験範囲の医師国家試験を通過してきた君たちには、無限の可能性が秘められている。何科を志してもいいが、出来れば少し研究をして欲しい。しばらくは、外の研修病院に行った同級生が少し先を行っているように見えるかもしれないが、大丈夫焦る必要はない。そんなものは5年、10年すれば埋まってしまうような僅かな差だよ。母校で必死に研修し、研究を経験したものには、外では得難い実力が身に付いているはずだ。

さあ、一緒に学ぼう、一緒に働こう。一緒に金沢医科大学病院を日本一の研修病院にしようじゃないか。

ページの先頭へ