1. Home
  2. 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

消化器内科助教 太田 雅文

臨床と大学院での研究を両立
慣れ親しんだ環境でキャリアを積む

市中病院にはない診療科で研修ができることから、研修先として大学病院を選びました。私は内科医を目指しています。2年次前半は多角的な視点から様々な疾患を経験しようと思い放射線科や皮膚科などを意識的に選択し、後半では内科を中心に回るプランを立てました。今年から初期研修2年目での大学院進学が可能となり、臨床と大学院の研究を両立できる点も魅力です。

研修では、大学の先輩でもある指導医にサポートしていただける心強さを実感しています。わからないことをすぐに聞ける環境は、患者さんにも安心感を与えることができます。

専門領域だけでなく
さまざまな観点から診察ができる医師を目指す

1年次の最初に研修をした高齢医学科は、北陸で唯一の高齢者診療を専門としています。私の実家は香川県で開業医をしており、お年寄りが多い地域でもあるため、高齢者のプライマリケアを学べたことは有意義でした。また、お年寄りとのコミュニケーションから、患者さんの病状を深く理解するためには、何度も会話をし、信頼関係を築くことが基本だと気づかされました。日々の何気ない会話から生活背景や細かい症状などがわかり、そこから病気の原因がわかることもあるからです。将来は、母校で学んだ幅広い知識を生かし、専門領域だけでなく、多角的な観点から診察できる医者を目指します。

太田医師が選んだ研修プラン
ページの先頭へ