1. Home
  2. プログラムの特徴

プログラムの特徴

研修プログラムの特徴

本プログラムは、一般臨床医として患者を全人的に診ることができる総合診療能力を培うために必要な基本的知識、技能、態度を修得するための卒後2年間の初期臨床プログラムです。このプログラム修了後、更に3年目以降も継続して研修を行えば、当該診療科の専門医、認定医試験の受験資格を得ることができます。

また、医師としての資質を涵養するために医療倫理の確立、精神障害、感染症や僻地医療への理解を深めることを目的としています。

1.地域における大学病院の特色を生かした研修

当院は地域に根ざした診療体制をとっており、診療圏は金沢市以外に能登半島をも広くカバーしています。救急医療の三次医療にとどまらず、二次医療をも担当しており、研修においては二次医療も体験が可能です。

2.バリエーションに富んだ研修プラン

プログラム構成は9の部門からなり、どの部門を選択しても新臨床研修カリキュラムで求められている研修項目が履修可能なように構成されています。

3.きめ細やかな指導体制と多彩な疾患群

救命救急科、小児科を必須としたスーパーローテイト、また少人数で討論し合えるチュートリアルワークショップ形式により、理論と実践の関わりを習得することが可能です。

4.豊富な講演会による教育体制

CPC、安全、感染、保険、倫理、接遇など各種講演会が病院全体、あるいは研修医を対象に行われています。

5.研修修了後の専門領域へのキャリアパスを保証

プログラムは将来、研修医が進むべき方向を考えて部門設定ができるように組織されており、研修修了後には専門領域の場への導入がスムーズに行われるようになっています。また、関連病院と連携して専門研修の道を開いたり、個別指導ができる体制も整っています。

6.金沢医科大学レジデントハウス(研修医宿舎)

大学敷地内にカンファレンスルームなどを完備する研修医宿舎が完備されており、平成24年11月から入居を開始したばかりの新築の宿舎です。単身者用の1LDK、既婚者用の2LDKが整備されています。

ページの先頭へ