乳腺センター

概要

近年、日本では乳癌患者さんが増加しており、専門的に対処するため、金沢医科大学病院では2009 年に乳腺内分泌外科が発足し、2016年、乳腺センターを開設することになった。乳癌は集学的治療が重要であり、大学病院の機能を生かして乳腺外科、腫瘍内科、放射線科、放射線治療科、形成外科、病院病理部などの専門各科の医師が協力して質の高い診療が行う。

業務内容

乳癌、良性乳腺腫瘍、乳腺症など乳腺疾患の診断と治療を行う。乳癌の診断は放射線科医や技師、病理医の協力を得て検診や精密検査の体制を充実し、早期診断に努める。乳癌手術は乳腺外科医が主体となり、乳房切除術、乳房温存術、センチネルリンパ節生検、アーム法による腋窩リンパ節郭清など最新の手術を行う。乳房温存術は術後、乳房への放射線療法が必須であり、放射線治療科で行い、また、一次的乳房再建術は形成外科医が協力して行う。ホルモン療法は乳腺外科医が担当するが、化学療法は腫瘍内科医と協力して行う。乳癌患者さんの心のケアは、今後、乳がん看護認定看護師が対処できるように整備する。

特徴・特色

乳腺センターは乳癌に関連する科をできる限り1箇所に集め、患者さんの動線を短くすると共に、各科がより緊密な連携がとれる体制を目指している。すなわち、チーム医療の中心は患者さんであり、患者さんを囲む医療者としてセンターには乳腺外科医、腫瘍内科医、放射線科医、看護師、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師が連携して対処する。

理念

乳腺センターの開設は、日本における乳癌患者の増加と乳癌診療の多様化が進む中で、金沢医科大学病院が北陸で総力を挙げてそれに取り組もうとする意思の表れである。乳腺センターは東京などの都会では今や、それ程、珍しくないが、北陸では乳腺専門医でなく、一般外科医や消化器外科医がやむなく乳癌診療に携わることが少なくないことを考えると、乳腺センター開設の意義は大きいものと考えられる。この乳腺センターが乳癌診療を目指す医師を育成する拠点となることも期待される。

基本方針

日本乳癌学会の認定施設として専門性の高い乳癌診療を提供する。また、乳癌診療に専門的に携わる乳腺専門医を育成する。

目標

乳腺センターは乳腺外科医を中軸とし、腫瘍内科医、形成外科医、放射線科医、病理診断医など乳癌診療に関連する多くの科の医師と看護師、放射線技師、薬剤師より成り、最新の乳癌診療を患者さんに提供することを目標とする。北陸における乳癌診療の拠点病院として地域に貢献すると共に、乳腺専門医を育成する役目も期待する。

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)