小児心臓血管外科

科の概要

当科は、大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科学講座との連携のもと、2012年4月、前任の川平洋一特任教授の就任に伴い、それまで石川県内では対応が困難であった新生児、乳児期の重症先天性心疾患の外科治療が本格的に開始されました。

その後、着実に手術件数の増加する中で、2016年4月1日より当院における循環器疾患の診療体制の再編を目的として循環器病センター開設が行われ、小児循環器部門が新しく開設され、従来の心臓外科から病院診療科として独立いたしました。

2016年9月より新しく循環器外科学講座開設に伴い、坂本 滋先生が教授に就任されたことで、今まで以上に成人心臓血管外科ならびに小児循環器内科の先生方と綿密な連携をとり、患者個々に応じた治療方針を決定し手術を行っております。小児循環器内科医師による胎児診断の増加、ならびに他病院からの緊急搬送症例、紹介患者症例の増加に伴い、現在も手術症例数は増加しております。

特徴・特色

当科の最も大きな特徴は、新生児・乳児期先天性心疾患に対する手術可能な石川県唯一の診療科であることです。いままで、出生後すぐ状態が不安定な中で他府県に搬送ならびに紹介されてきた体重1000g未満の超低出生体重児、重症新生児心疾患(完全大血管転位、総肺静脈還流異常、左心低形成症候群など)の心臓血管外科手術を石川県内で施行できることで、他府県への搬送、紹介、外来通院に伴う多大なる御家族の負担も軽減できていると考えております。

また、石川県内の先天性心疾患全患者の受け入れほか、石川県外からの紹介ならびに緊急搬送にも迅速に対応可能な体制が構築できております。現在では、皮膚小切開などの低侵襲手術、無輸血手術への取り組み、また、今社会的に問題となっている成人先天性心疾患に対する外科治療も行っており、手術症例数の増加ならびに安定した手術成績を残しております。

スタッフ

科長
石丸 和彦

医師名 役職名 専門分野 専門医・認定医等
石丸 和彦
准教授

先天性心疾患

日本外科学会専門医・指導医

心臓血管外科専門医認定機構専門医・修練指導者
日本心臓血管外科学会国際会員

荒木 幹太
医師 先天性心疾患 日本外科学会専門医

外来担当医



石丸准教授
 


専門外来

専門外来 診療日・時間
先天性心疾患外来

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)