血液センター

概要

日本輸血・細胞治療学会認定医の監督の下に認定輸血検査技師を含めた検査技師が24時間体制で輸血に関する検査、血液製剤の請求・保管・払い出し業務の一括管理を行っています。「安全な血液を迅速に」「輸血用血液製剤・アルブミン製剤の適正使用」を目標に、患者さんに安心して輸血療法を受けて頂けるよう取り組んでいます。

部長  :川端 浩
副部長 :正木 康史(日本輸血・細胞治療学会認定医、細胞治療認定管理師)
検査技師:5名(認定輸血検査技師2名、細胞治療認定管理師3名)

業務内容

  1. 検査業務
    血液型、交差適合試験、不規則抗体検査、抗体価、その他特殊検査
  2. 特殊細胞処理
    自己血採取の補助・保管、末梢血幹細胞採取・調整・凍結処理・保管・解凍、臍帯血保管、骨髄細胞処理
  3. 輸血用血液製剤・アルブミン製剤管理
    日赤血液製剤の予約、発注、検品及び保管管理
  4. 各種統計資料の作成
    血液製剤使用状況、輸血副作用集計、製剤適正使用推進のための資料作成
  5. 輸血用血液製剤・アルブミン製剤の使用相談、適正使用指導
  6. その他検査
    CD34陽性細胞測定、細胞染色、サイトスピン標本作製

特徴・特色

  1. 輸血検査・管理業務の24時間体制(血液センター・中央臨床検査部合同で実施)
    検査技師が24時間体制で業務を行い、血液製剤の配達・回収も行っています。
  2. チーム医療
    日赤血液センター、各診療科、看護師と密に連絡を取り、“迅速・安全・適正”を目標に業務を行っています。

理念

患者さんに安全で適切な血液を迅速に提供します。

基本方針

  1. 厚生労働省の各輸血関連に関する指針に従い安全で適切な輸血業務を行います。
  2. 高度な知識と技術を備えた認定輸血検査技師の育成を行います。
  3. 診療支援のみならず、研究支援を行い質の高い輸血療法に貢献します。

目標

  1. 血液製剤の廃棄の抑制
  2. 輸血用血液製剤・アルブミン製剤の適正使用の推進
  3. 輸血前後の感染症検査の啓発

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)