低線量CTによる肺がん検診外来

目的

肺がんは日本人のがん死亡のトップを占めています。肺がんは早期のうちに見つけて外科的に切除するのが最も完治に近づく道です。早期のうちは自覚症状がありませんので、「肺がん検診」を受けることが必要です。肺がんは小さいうちにはX線だけでは見えませんので、当科では非常に小さなうちから発見できる「低線量CTによる肺がん検診」を行っています。皆さんの中には、「肺がんは心配だけど、放射線を受けることの害も心配」という方もいらっしゃると思います。「低線量CT」は、放射線の被曝を極限まで抑えつつCT画像の画質を保つような撮影方法であり、日本CT検診学会により定められた方法です。

対象

  • 現在は健康だが、肺がんにかかるのが心配な方
  • 50歳以上の方(学会では50歳以上の方に行うように定められています)

内容

低線量胸部CT撮影および読影、診察

希望者には痰の細胞診(これまでたくさんタバコを吸ったことがある方で、希望される場合)

費用

低線量CT検診:10,000円(「検診」は健康保険では認められないため自費診療の価格になります)

痰の細胞診(希望者のみ):4,000円

※費用はすべて税込です

診療日・時間

金(14:00~16:00)

予約制ですので、当日でも結構ですから下記に電話して予約をお取りください。

(学会出張等にて佐川教授が不在のことがありますので、下記に御連絡いただければ確認できます。佐川教授不在時に受診された患者さんには、他の医師が対応します)

連絡先 076-286-3511 内線4225(呼吸器科外来受付)

担当医

当外来は佐川元保教授が担当します。佐川教授は下記のごとく石川県のみならず全国の主要な役職を歴任している肺がん検診の専門家です。

役職:日本肺癌学会 集団検診委員会 委員長

肺がんCT検診認定機構 理事

石川県生活習慣病検診管理指導協議会

肺がん部会 部会長

石川県成人病予防センター

肺がん集団検診委員会 委員長

石川県予防医学協会 集検事業管理指導委員会

肺がん・結核部会 委員長     

お知らせ

当科では「検診」そのもののみでなく、住民検診・職場健診・人間ドックなど,いずれかの「肺がん検診」で「要精密検査」とされた方に対して「肺がん検診の精密検査外来」も行っています。詳細はこちらをご覧ください。

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)