メニューopen

職場の様子

金沢医科大学病院看護部 > 職場の様子 > 新人看護師

新人看護師

塩田桃子さん(形成外科、救命救急科、皮膚科病棟)

塩田桃子さん(形成外科、救命救急科、皮膚科病棟)
金沢医科大学看護学部 卒業

患者さんの気持ちに
寄り添う看護を目指したい

学生時代の実習先の雰囲気がとても良かったので本学病院に残りました。業務でわからないことは、まず自分で調べて考えます。特に苦手なことでは努力が必要ですが、それでもわからない時は先輩方が優しく教えてくださるので安心です。患者さんの気持ちに寄り添った看護を目指したいと思います。

Q. 看護師になろうと思ったきっかけは?
A. 大学には養護教諭を目指して入学しましたが、実習で患者さんと接するうちに現場で働く看護師に憧れるようになりました。
Q. 休日の過ごし方
A. 家でゆっくり過ごしたり、友人たちと遊びに行きます。ドライブが好きなので岐阜や富山まで行くことも。

小村歩惟さん(内分泌・代謝科、神経内科、消化器内視鏡科、高齢医学科病棟)

小村歩惟さん(内分泌・代謝科、神経内科、消化器内視鏡科、高齢医学科病棟)
金沢医科大学看護学部 卒業

明るく、話しやすい職場だから、
素直に前向きな気持ちで頑張れる

職場は明るく、話を聞いてくれる先輩方が多いので働きやすい環境です。失敗をした時でも「次にどうするか一緒に考えよう」と改善策を考えてくださるので、「頑張ろう、次は気を付けよう」と素直に、前向きに考えることができます。患者さんが、退院後も自分らしい日常生活を送れるようサポートできる看護師になりたいです。

Q. 看護師になろうと思ったきっかけは?
A. 祖母が看護師をしていたので身近な職業でした。「ありがとう」と言ってもらえる職業に就きたいと思ったこともきっかけです。
Q. 休日の過ごし方
A. 家で飼っているインコと遊んだり、友人と買い物に行くことでリフレッシュしています。

宮口美里さん(脳神経外科、神経内科病棟)

宮口美里さん(脳神経外科、神経内科病棟)
金沢医科大学看護学部 卒業

教育体制が充実した大学病院で
技術と知識をしっかりと習得したい

最初の1年で技術と知識をしっかり習得したいと思い、新人のための教育体制が充実している大学病院を選びました。指導してくださる先輩看護師が一つひとつの業務を確認してくださるので、患者さんの前でも自信を持って行動できます。患者さんやご家族の不安を聞いて精神面から支える看護師になりたいです。

Q. 看護師になろうと思ったきっかけは?
A. 患者さんに対して真摯に向き合う看護師の姿を見て、憧れたことがきっかけです。
Q. 休日の過ごし方
A. 友人とランチや買い物に行き、仕事の悩みやいろんなことを話します。

三浦智恵さん(中央手術部)

三浦智恵さん(中央手術部)
金沢看護専門学校 卒業

高度医療に携わり、自信を持って
根拠のある看護を提供したい

高度で専門的な医療に携わり、自信を持って根拠のある看護を提供したいと考え大学病院を選びました。手術室での器械出しや外回りの看護をしています。初めての手術に入る時は勉強が大変ですが、一緒についてくださる先輩方が丁寧に教えてくださいます。手術によっては緊急の場合にも対応できるようになり、成長を実感しています。

Q. 看護師になろうと思ったきっかけは?
A. 父が医療職に就いているので自然と目指しました。経験を通して広い視野を持った看護師になりたいです。
Q. 休日の過ごし方
A. 実家に帰って家族と話したり、友人に会って話したりして過ごします。野々市のカフェによく行きます。

松村美希さん(腎臓内科病棟)

松村美希さん(腎臓内科病棟)
金沢医科大学看護学部 卒業

退院後の生活も一緒に考え、
患者さんと親身になって関わりたい

腎臓内科は長期間治療を続ける患者さんが多いので、退院後も患者さんが食事や薬の管理ができるよう親身になって関わることを心がけて、指導します。先輩看護師も相談にのってくださるので心強いです。患者さんからの感謝の言葉はうれしいですし心に残ります。頼りにされ、信頼される看護師になりたいです。

Q. 看護師になろうと思ったきっかけは?
A. 祖父が入院した際に、親身に接してくださった看護師さんに憧れて目指しました。
Q. 休日の過ごし方
A. 一人暮らしをしているので休日は家族や友人と過ごすことが多いです。

ページの先頭へ