トピック
2022.04.13
第111回富山脳神経外科医会(富山、web開催)にて、林 康彦が特別講演を行いました。
「神経内視鏡による脳腫瘍摘出術の発展」
2022.04.11
脳神経外科(医学書院)の4月の特集号「水頭症」において、林 康彦の以下の論文が出版されました。
「脳脊髄液分布における水チャンネルの局在と機能」
2022.04.09
第101回日本脳神経外科学会中部支部会(富山、web開催)にて当科の高田 翔先生が以下の発表が行いました。
「頭蓋内出血を伴った原発性中枢神経血管炎の1例」
同日の第37回中部神経内視鏡学会(web開催)にて林 康彦が以下の発表を行いました。
「せん妄を生じた側方進展を伴った下垂体腺腫の1例」
2022.04.01
金沢医科大学医学会にて、林 康彦が理事となりました。
2022.03.15
「小児の脳神経(小児神経外科学会誌)」において、林 康彦の以下の論文が出版されました。
「小児鞍上部腫瘍に対する内視鏡下経鼻的拡大蝶形洞法(原著)」
2022.03.12
第94回石川脳血管障害研究会にて、吉川 陽文先生が以下の発表を行いました。
「破裂急性期にステントアシストコイリングを行なった椎骨動脈解離の1例」
2022.03.01
日本正常圧水頭症学会にて、林 康彦が学会理事となりました。
2022.02.24
第45回日本神経外傷学会にて、正島 弘隆先生が以下の発表を行いました。
「同側の可逆性内頚動脈狭窄を伴った外傷性斜台部硬膜外血腫の一例(ポスター発表)」
2022.02.18-19
第32回日本間脳下垂体腫瘍学会(東京)にて林 康彦が学会理事となりました。また総会では座長を務め、以下の発表を行いました。
「下垂体腺腫内出血による症状発現に関与する解剖学的因子の検討(シンポジウム)」
立花 修先生も総会では座長を務め、以下の発表を行いました。
「ラトケ嚢胞における病態解析と長期予後に基づいた治療戦略(シンポジウム)」
2022.02.09
当科と脳神経内科との合同カンファレンスにて、木島クリニックの木嶋 保先生による頭痛診療に関する講演をして頂きました。
2022.01.29
第14回金沢脳腫瘍セミナー(WEB、第一三共主催)にて、林 康彦が「脳腫瘍摘出術における神経内視鏡の役割の変遷」という演題にて講演を行いました。
2022.01.07
林 康彦が石川CSFフォーラムjにて一般口演「脳脊髄液分布における水チャンネルAQP-4の局在と機能」を行いました。
2021.12.28
金沢医科大学院内防災訓練が手術場で当科手術時想定で行われました。
2021.12.16
脳神経領域における便秘クリニカルカンファレンスセミナー(EAファーマ主催)にて、林 康彦が座長を勤めました。
脳神経内科 朝比奈教授、当科病棟勤務の萬屋 聖子看護師がコメンテーターとして参加いたしました。
2021.11.28
第13回日本水頭症脳脊髄液学会が本学主催(林 康彦会長)にてweb開催されました
林 康彦が一般口演「 物忘れ外来にてDESHはどのくらいみつかるのか 」を行いました。
2021.11.29
金沢医科大学病院内の ”患者の権利及び臓器移植医療に係る職員研修会
林 康彦が、「 本院における臓器提供実施例とそこから見える今後の課題 」で講演を行いました。
2021.11.18-19
林 康彦が日本神経内視鏡学会(名古屋)で座長を勤めました。
2021.11.17
同門の伊東 正太郎先生が国民健康保険関係功績者の表彰を受けられました(厚生労働大臣表彰)。
2021.11.03
第20回日本内分泌学会北陸支部会
今回は金沢大学産婦人科が当番幹事でした。
林 康彦が一般口演「下垂体腺腫内出血による症状の発現機序に関する検討」を行いました。
2021.11.01
林 康彦が日本脳神経外傷学会の代議員となりました。
2021.10.28-29
第80回日本脳神経外科学会学術総会
今回は山梨大学が主幹で Hybrid にて開催されました。
林 康彦が、一般口演と座長(下垂体腺腫、ラトケ嚢胞のセッション)を勤めました。
立花 修先生が、シンポジウム講演を行いました。
渡邊 卓也先生が、一般口演を行いました。
2021.10.08
脳卒中治療 Expert Meetingにて、林 康彦先生が座長を務めました。
2021.10.04
高田 翔先生の論文 Pediatric Meningioma with rhabdoid features developed at the site of skull fracture がJournal of Neurosurgeryにpublishされました。
2021.09.30
日本脳神経外傷学会に認定研修施設となりました。
2021.09.18
日本脳神経外科学会中部支部会
今回は藤田医科大学が当番幹事で完全webにて開催されました。
飯塚 秀明先生が、退館記念講演を行いました。
正島 弘隆先生が、前回支部会における優秀演題賞を受賞しました。
高田 翔先生が、「血管奇形を伴った前下小脳動脈末梢性動脈瘤破裂による翔脳出血をきたした1例」を発表しました。
2021.09.10
第26回日本脳腫瘍の外科学会において、林 康彦先生が座長を務めました。
2021.08.06
日本脳神経外科漢方医学会において、林 康彦先生が評議員となりました。
2021.08.06
第20回石川CSFフォーラムにおいて、林 康彦先生が「物忘れ外来におけるDESHの検出の検討」の口演を行いました。
2021.07.31
第26回北陸間脳下垂体腫瘍研究会において、高田 翔先生が「経鼻的アプローチにて摘出術を施行した鞍上槽の巨大な類上皮腫の1例」、立花 修先生が「WHO分類2017が下垂体腫瘍(神経内分泌腫瘍)の診断と治療に与えたインパクト-WHO分類2022を前にして-」、林 康彦先生が「下垂体腫瘍摘出術後の中枢性尿崩症に対する画像評価」の口演を行いました。
2021.07.17
第56回金沢医科大学学術集会において、林 康彦先生が特別講演「脳神経外科領域における神経内視鏡の進歩と今後の展望」を行いました。
2021.06.23
正島弘隆のTraumatic retroclival epidural hematoma associated with reversible ipsilateral internal carotid artery stenosisがChild Nervous Systemにアクセプトされました。また「海綿静脈洞部の内頚動脈狭窄を伴った外傷性斜台部硬膜外血腫の一例」が優秀演題(3題)に選出されました。
2021.06.03
第48回日本小児神経外科学会(福島)において、林 康彦先生が「キアリ奇形I型における歯突起後方の軟部組織の肥厚の術後変化」(一般口演)を発表、座長も務めました。
2021.05.29
第57回北陸脳腫瘍懇話会において、玉瀬 玲先生が「巨大な幼児髄内腫瘍の1例」を発表、渡邊卓也先生が座長を務めました。
2021.04.22
第94回日本内分泌学会学術総会(群馬、web開催)において、林 康彦先生が「経鼻的経蝶形洞法術後において遅発性に発症した中枢性尿崩症」(一般口演)、立花 修先生が「Low GH acromegalyの臨床病理学的検討」(一般口演)を発表しました。
2021.04.04
第99回日本脳神経外科中部支部学術集会(当科主催)Web市民公開講座において、白神俊祐先生が「切らないで血管の中から治す手術(脳血管内手術)」、玉瀬 玲先生が「気になるしびれありませんか(脊椎変性疾患)」、林 康彦先生が「小さな穴から大きな腫瘍をとる(神経内視鏡手術)」の口演を行いました。
2021.04.03
第99回日本脳神経外科中部支部学術集会(当科主催、web開催)において、正島弘隆先生が「海綿静脈洞部の内頸動脈狭窄を伴った外傷性斜台部硬膜外血腫の1例」を発表しました。第35回中部神経内視鏡研究会(当科主催、web開催)において、林 康彦先生が「中側頭回経由で内視鏡下に摘出を施行した視床グリオーマの1例」を発表しました。
2021.03.29
高田翔先生の英語論文”Pediatric Meningioma with rhabdoid features developed at the site of skull fracture: illustrative case”がJournal of Neurosurgery (Case Lessons)にアクセプトされました。
2021.03.08
林 康彦先生が日本神経外傷学会認定指導医となりました。
2021.02.22
2月19-20日に開催されました第31回日本間脳下垂体腫瘍学会(東京、web)において、シンポジウムにて林 康彦先生が「症候性鞍上部ラトケ嚢胞における治療成績」、一般口演にて立花 修先生が「Low GH acromegalyの臨床病理学的検討」、正島弘隆先生が「先端巨大症で発症し、Pit-1とSF-1の二つの転写因子を同時発現したplurihormonal adenomaの1例」を発表しました。
2021.01.11
1月8日に開催されました第19回石川CSFフォーラム(金沢)において、正島弘隆先生が「サルコイドーシス加療中に生じた閉塞性水頭症の1例」を発表しました。
2020.11.24
11月20-22日に開催されました第48回日本小児神経外科学会(長野、web)において、シンポジウムにて林 康彦先生が「小児鞍上部腫瘍に対する内視鏡下経鼻的拡大蝶形洞法」を発表しました、また同先生は一般口演の座長も務めました。
2020.11.09
11月6-7日に開催されました第48回日本頭痛学会総会(つくば、web)において、一般口演で林 康彦先生が「ラトケ嚢胞に伴う頭痛の発症様式による分類」を発表しました。
2020.09.04
8月9-12日に石川県立音楽堂にて開催された第40回日本脳神経外科コングレス総会において林 康彦先生が専攻医の知セミナーの「脳神経外科研究の知」のセッションで「論文作成の思考法」を講演致しました。飯塚秀明教授がプレナリーセッション6「脊椎・脊髄疾患」において座長を務められました。
2020.06.17
林 康彦先生の「下垂体腫瘍から頭蓋底腫瘍への内視鏡下軽微的腫瘍摘出術の応用」が石川医報(2020、6の2、第1709号)のメデイカルインフォメーション:医療up-to-date (P28-31)に掲載されました。
2020.06.16
林 康彦先生の英語論文 "Endoscopic treatment for arachnoid cyst at the cerebellopontine angle presenting with bilateral trigeminal neuralgia:case report and literature review” が Interdisciplinary Neurosurgery: Advanced Techniques and Case Management にアクセプトされました。
2020.04.14
高田 翔先生の英語論文 "Ruptured fungal aneurysm of the peripheral middle cerebral artery caused by Lomentospora infection: A case report and literature review." が Interdisciplinary Neurosurgery: Advanced Techniques and Case Management にアクセプトされました。
2020.03.30
林 康彦先生の英語論文 "Aquaporin (Water Channels): Their Intracranial Localizations, Functions and Therapeutic Applications" が金沢医科大学雑誌 44:108-116, 2019 に掲載されました。
2020.02.7-8
Neuroscience, Behavior and Health Forum (Vermont, U.S.A.)に高田 翔先生が参加しました。
2020.01.22-24
Siberian Neuroendoscopic Course(Nobosivirsk, Russia)において、林 康彦先生が特別講演に招待され、Extended Endonasal Transsphenoidal Surgery for Craniopharyngioma を講演致しました。Cadaver Dissection Course の講師も務めました。
2019.11.16-17
第46回日本頭痛学会総会において、林 康彦先生が「頭痛発症の微小ラトケ嚢胞に対する経鼻的嚢胞開放術の有効性」を口演発表しました。
2019.11.5-6
第26回日本神経内視鏡学会(横浜)にて、林 康彦先生が「小児鞍上部腫瘍に対する内視鏡下拡大蝶形洞法による腫瘍摘出術(シンポジウム)」を発表しました。
2019.10.31-11.1
第54回日本脊髄障害医学会(秋田)にて、飯塚秀明教授と玉瀬 玲先生が口演発表を行いました。
2019.10.25-26
第46回日本神経内分泌学会(東京)において、林 康彦先生と立花 修先生が参加して、それぞれ座長と発表(頭蓋咽頭腫の画像診断、ラトケ嚢胞の手術適応)を行いました。
2019.10.09-12
第78回日本脳神経外科学会学術集会(大阪)が開催されました。当科においても、全員が発表を行いました。
2019.09.21
第97回日本脳神経外科中部支部会において、当科の林 康彦先生がランチョンセミナー(鳥取大学、黒崎教授講演)の座長を務めました。高田 翔先生が「三叉神経痛で発症した小脳橋角部くも膜嚢胞に経側脳室内視鏡下嚢胞開窓術を施行した症例」を口演発表致しました。また同日開催された第33回中部神経内視鏡研究会において、林 康彦先生が「トルコ鞍内くも膜嚢胞に対するアプローチに関する考察」を口演発表致しました。
2019.09.15
第13回中部神経内視鏡研究会神経内視鏡フォーラム(名古屋)において、林 康彦先生がランチョンセミナーにて「頭蓋咽頭腫に対する内視鏡下経鼻的アプローチ」を講演致しました。また同時開催されました神経内視鏡ハンズオン講習会でも講師を務めました。
2019.08.24
第25回北陸間脳下垂体腫瘍研究会(福井)で、高田 翔先生が「短期間に嚢胞径が増減した下垂体膿瘍の1例」、林 康彦先生が「高齢者頭蓋咽頭腫の転帰に関する検討」を口演発表致しました。
2019.07.13
第10回 Kanazawa-Kyoto Friendship Conference(福井)で、当科の高田 翔先生が「真菌性脳動脈瘤の1例」を口演発表致しました。
2019.06.20
第34回日本脊髄外科学会(札幌)において、飯塚秀明教授が「Surgical outcomes of posterior decompression and fixation for degenerative cervical spine disease」を、玉瀬 玲先生が「胸髄腹側病変に対する内視鏡併用手術」を発表致しました。
2019.06.13
第47回日本小児神経外科学会(新潟)において、林 康彦先生が教育セミナーで「頭蓋頸椎移行部病変」の講演を、学会本会ではシンポジウムで「間脳下垂体腫瘍に対する放射線療法後の晩期脳血管障害の二次予防」を発表しました。
2019.06.08
第56回北陸脳腫瘍懇親会(富山)において、玉瀬 玲先生が座長を務め、高田 翔先生が「小児髄膜腫の1例」を口演発表致しました。
2019.06.01
高田 翔先生が第37回日本脳腫瘍病理学会(名古屋)において「下垂体前葉から発生し鞍上進展した海綿状血管腫の1例」を口演発表致しました。
2019.05.28
高田 翔先生が第96回日本脳神経外科学会中部支部会(岐阜)において「Rabdoid Featureを伴う小児髄膜腫の1例」を口演発表致しました。