治療費用

医療費控除について

1 医療費控除とは?

自分自身または同一生計のご家族のために医療費を支払った場合、一定の金額を所得からマイナスすることができ、これを医療費控除といいます。

2 所得からマイナスされる一定の金額とは?

その年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費の合計金額のうち、下記の算式で計算した金額をいいます。

医療費控除額(最高200万円)=1年間に支払った医療費の合計額−医療費に係る受取保険金等−10万円※

※所得金額200万円未満の人は、所得金額の5%となります。

3 控除の対象となる医療費の範囲は?

  1. 医師による診療または治療費用
  2. 治療に必要な医薬品の購入代金(市販されている医薬品も含まれます)
  3. 通院のために支払った交通費(電車代、バス代等)

※あくまで一般的な取扱い事例ですので、実際に適用するにあたっては税務署等で必ずご確認ください。

4 自由診療も医療控除の対象になりますか?

保険のきかない自由診療の場合であっても、医療費控除の対象です。
もちろん、当センターにおける初診料・治療費などは医療費控除の対象です。
また、初診相談料のみに関しても治療の一環とみなされますので医療費控除の対象となります。

5 医療費控除を受ける場合の留意点

医療費控除の適用を受けるためには、確定申告の手続きが必要となります(年末調整では適用を受けることができません)。

  • 確定申告には、その年に支払った領収書の添付が必要となります。
  • 領収書は、大切に保管してください。
上記1〜5について、詳しくは税務署等で必ずご確認ください。

料金表

項目 費用(税別) 内容
医療相談 ①¥30,000 がん免疫療法・料金などについて説明
初診+
アフェレーシス前検査+
再診(結果報告)
②¥100,000 初診
事前検査:血算、生化学、腫瘍マーカー、HLAタイピング、単純X-P、心電図
結果報告
アフェレーシス
ワクチン製造
ワクチン投与(基本7回)

③¥2,500,000

振込手数料は患者さん負担です。

前日入院してG-CSF注射実施→容態変化で免疫療法中止となった場合
④返金
¥2,450,000
アフェレーシス当日
施術直前、施術中血液が取れないもしくは容態変化などでアフェレーシス中止となり、培養作業も開始されていない場合
⑤返金
¥2,200,000

※がん免疫療法にかかる経費は2,630,000円(税別)[①+②+③]です。

アフェレーシスの段階で免疫療法が中断となった場合

④実費分(5万円)を差し引いた額を返金いたします。
⑤実費分(30万円)を差し引いた額を返金いたします。
※中止とするのか、延期とするのかは患者さん(ご家族)と相談の上判断いたします。

容態変化のため免疫療法が中止となり、継続的に一般診療となった場合

基本的に本免疫療法に起因する場合の治療は自由診療として取り扱います。
本免疫療法との因果関係がないと判断された場合は、患者さん(ご家族)と相談の上、保険診療に切り替えます。