樹状細胞ワクチン療法とは

がん細胞を狙い撃ちするがん特異的な治療法の代表的な方法が、樹状細胞ワクチン療法です。免疫細胞の一つである樹状細胞は、体の中で司令塔の役割を果たしています。樹状細胞はがん細胞を排除できるリンパ球にその目印を教え、がん細胞を攻撃するよう指令を出すことができます。
樹状細胞ワクチン療法では、患者さんの血液中から樹状細胞のもとになる細胞(単球)を成分採血によって取り出し、さまざまな因子を加えて体の外で培養することで樹状細胞へと成熟させます。さらに、培養している樹状細胞にがん細胞の“目印”を与えて活性化させます(ワクチン作製)。活性化した樹状細胞を体内に戻してやると、リンパ球に対して“目印”を攻撃するように強力な指令を出してくれます。指令を受けたリンパ球が体内でどんどん活発に活動するようになり、がん細胞だけを狙って攻撃することで、治療効果を発揮するのが樹状細胞ワクチン療法です。もともと自分の体の中にある細胞を活性化して戻すため、重篤な副作用は少なく、活発になった免疫細胞による治療効果が期待されます。
樹状細胞ワクチン療法は、先進医療として行われてきた治療技術です。

樹状細胞ワクチン療法のしくみ

樹状細胞ワクチン療法の特長

1.副作用が少なくがんだけを狙い撃ちます

樹状細胞ワクチン療法は、がんだけを狙い撃ちにすることができる免疫療法です。また、患者さんの細胞をもとに樹状細胞ワクチンを作るため、副作用の少ない治療法となります。

2.転移しているがんにも効果が期待できます

がんの“目印”を覚えたリンパ球は、全身をめぐってがん細胞を攻撃します。そのため、転移しているがん細胞も攻撃することができます。

3.長期間体の中でパトロールをします

がんの“目印”を覚えたリンパ球は、一部が体の中に残り、がん細胞に再び出会うと活性化して攻撃します。このリンパ球が体内にいる間、長期間効力を保ちます。そのため、再発予防にも効果が期待できます。

樹状細胞ワクチン療法の方法

人工抗原 樹状細胞ワクチン療法

がんの目印として、「WT1ペプチド」(P10参照)など人工的に作られたものを樹状細胞に取り込ませる治療法です。「WT1ペプチド」はほぼすべてのがんの目印として使用することができます。そのため手術などでがん組織を取り出していない患者さんでも受けることができます。ただし一人一人で異なっている白血球の型(HLA)が適合する必要があります。

自己がん組織 樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞に取り込ませるがんの目印として、手術などでとり出したがん組織を使う樹状細胞ワクチン療法です。患者さんご自身のがん組織を用いるために、それぞれの患者さんごとのオーダーメイドの治療となります。

人工抗原WTIペプチド

樹状細胞ワクチン療法で最も重要なことは、がん抗原に何を使うかです。多くのがん抗原が見つかっていますが、その中でも注目を集めているがん抗原が「WT1」です。2009年には、WT1は米国の学会誌において75種類の人工抗原のうち、「がんワクチンに用いる優先度が高い抗原」として1位に選ばれています(※1)。WT1は、ほとんどのがんの種類に存在しているとされており、この一部である「 WT1ペプチド」を使うことにより、ほぼすべてのがんを対象として樹状細胞ワクチン療法を行うことができます。

※1 Cheever MA,et al,Clin Cancer Res 2009;15:5323-5337.