治療の流れ

治療の流れ

1 医療相談

樹状細胞ワクチン療法について医師より詳しく説明し、患者さんのご容態に合わせた治療方針を相談します。
※医療相談は完全予約制となりますので、電話にてお問い合わせください。

2 治療前の検査

樹状細胞ワクチン療法を受けられるかどうか、血液検査、画像検査などをもとに判断します。

3 成分採血(アフェレーシス)

樹状細胞のもとになる、“単球”という細胞を大量に取り出すために、成分採血を行います。2~3時間かけて血液の中の単球を含む必要な成分だけを取り出し、それ以外は体内に戻します。
※当院では患者さんの安全を期すため、1泊入院のうえ行います。

4 樹状細胞ワクチンの作製

成分採血で取り出した患者さんの単球は、金沢医科大学病院に設置されている厳重に管理された高度なクリーンルーム(細胞加工施設、CPCとも呼ばれる)で培養されます。単球を樹状細胞に変化させ、人工抗原やがん組織を与えることで、がんの目印を認識した樹状細胞に育てます。

5 樹状細胞ワクチンの投与

樹状細胞ワクチンを、2~3週間に1回のペースで7回、注射により投与します。

6 治療効果の評価

7回の治療終了後に、血液検査、画像検査、免疫機能検査などを行い、治療効果を評価します。それらをもとに、今後の治療方針を患者さんと医師で相談します。