【論文発表】糖化制御研究分野 逆井(坂井)亜紀子講師の論文「Intracellular toxic advanced glycation end-products promote the production of reactive oxygen species in HepG2 cells」がInternational Journal of Molecular Sciences誌に掲載されました。

 私達は生命維持のため常に食べ物を摂取していますが、中でもブドウ糖や果糖代謝物のグリセルアルデヒドは蛋白質と反応し、毒性の強い終末糖化産物(Toxic AGEs; TAGE)を産生して、様々な生活習慣病と関連することが示されています。特に糖代謝の中心の場である肝臓ではTAGEの蓄積と非アルコール性脂肪肝炎(NASH)発症・進展の相関が観察されることから、TAGEの毒性を解明する事がNASH治療のターゲットとなる可能性が考えられます。今回我々は肝細胞中のTAGE蓄積に伴って引き起こされる細胞死は、活性酸素の増加が直接的な引き金になることを初めて明らかにしました。活性酸素上昇の原因を探索した結果、細胞内の活性酸素の供給源であるミトコンドリアに異常が検出されました。今後はミトコンドリア維持に関わるタンパク質のTAGE化について研究を進め、TAGE毒性を抑えるための標的因子についてさらなる解明を進めたいと考えています。

詳細はこちら

page top