【論文発表】糖化制御研究分野 髙田尊信講師の論文「Impact of intracellular toxic advanced glycation end-products (TAGE) on murine myoblast cell death」がDiabetology & Metabolic Syndrome誌に掲載されました。

 ヒトの体内では、様々な終末糖化産物(AGEs)が生成・蓄積しています。我々は果糖やブドウ糖の代謝中間体グリセルアルデヒド(三単糖の一種)に由来するAGEsをtoxic AGEs(TAGE)と命名し、TAGEが生活習慣病の発症・進展に関与することを明らかにしてきました。  

 一方で、近年、加齢や疾患に伴う筋肉量の減少、すなわちサルコペニアが健康寿命を短縮させる原因として注目されています。本研究は、筋芽細胞内TAGEの生成・蓄積が細胞障害に関与することを解明した最初の報告です。すなわち、細胞内に生成・蓄積したTAGEが、筋芽細胞に対して細胞死を誘導し、筋肉量を減少させる可能性を示したものです。

詳細は、こちらを御覧ください。

page top