【論文発表】糖化制御研究分野 逆井(坂井)亜紀子講師の論文「The Association between Accumulation of Toxic Advanced Glycation End-Products and Cytotoxic Effect in MC3T3-E1 Cells」がNutrients誌に掲載されました。

 糖はエネルギー源として働く一方、蛋白質などとの反応により、終末糖化産物(Advanced glycation end-produces; AGEs)を生成します。AGEsのなかでも、果糖やブドウ糖の代謝中間体であるグリセルアルデヒド(GA)由来の毒性AGEs(Toxic AGEs; TAGE)の生成は、様々な生活習慣病と関連することが報告されています。今回、私達は糖尿病の合併症として知られる骨粗鬆症に対する、GAおよびTAGEの関与について研究を行いました。

 骨は骨芽細胞による骨形成と破骨細胞による骨吸収のバランスにより維持されています。このうち、骨芽細胞の生存や分化は骨強度や骨質を維持するために重要な役割を担っていますが、細胞内のTAGE蓄積が骨芽細胞死の増加、および分化に必要な因子の発現低下と相関することを明らかにしました。さらに、TAGE化により細胞内のコラーゲン分子が異常構造を形成する可能性が示唆されました。これらの結果により、糖尿病患者で見られる高い骨折リスクの原因の一つとして、TAGE蓄積による骨芽細胞の障害が関わっていることが予想されました。

詳細はこちら

page top