【論文発表】総医研・遺伝子機能研究分野 髙田尊信講師の論文「Intracellular Toxic Advanced Glycation End-Products May Induce Cell Death and Suppress Cardiac Fibroblasts」がMetabolites誌に掲載されました。

ヒトの体内では、様々な終末糖化産物(AGEs)が生成・蓄積しています。我々はブドウ糖や果糖の代謝中間体グリセルアルデヒド(三炭糖の一種)に由来するAGEsをtoxic AGEs(TAGE)と命名し、TAGEが心血管疾患を含む生活習慣病の発症・進展に関与することを明らかにしてきました。  

心筋細胞の機能不全や細胞死によりTGF-βやIL-6などが分泌/放出され、これらの刺激で心臓線維芽細胞は活性化・分化します。その結果、connective tissue growth factorやcollagenなどの分泌により心筋細胞や心臓組織を保護しますが、心筋細胞のアポトーシス誘導や心臓組織の過剰な線維化を引き起こす場合もあります。心臓線維芽細胞内でのTAGE生成は、細胞死を引き起こすことにより、心筋細胞とのクロストークや心臓組織に対する線維化作用を抑制すると考えられます。また、本研究において、初めてヒト正常細胞に対する細胞内TAGEを定量し、細胞死と比較した成果を報告しました。

詳細は、こちらから御覧ください。

page top