【論文発表】糖化制御研究分野 竹内正義嘱託教授らの総説論文「Effects of Toxic AGEs (TAGE) on Human Health」がCells誌に掲載されました。

体内では様々な終末糖化産物(AGEs)が生成されていますが、AGEsの構造は反応する還元糖やカルボニル化合物の種類によって異なっているため、どのAGEsが病因因子であるかを確定することは困難を極めています。私達は、糖代謝中間体であるグリセルアルデヒドに由来するAGEsの蓄積が種々の細胞に障害を引き起こして、生活習慣病の発症・進展に関与していることを明らかにし、toxic AGEs(TAGE)という概念を提唱しています。また、細胞障害に伴って細胞外へ漏出したTAGEの血中レベルを把握することは、生活習慣病の発症・進展を予測するバイオマーカーになることも分かってきました。
 本総説では,ヒトの健康における「新規ターゲットTAGE」に関するこれまでの研究概要についてまとめてあります。「TAGE理論」の斬新なコンセプトは、多くの疾患の研究に新たな展望を開くことが期待されます。

詳細はこちら

page top